Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

世界陸上2017|サニブラウンと飯塚の200m準決勝の結果!決勝の放送時間も

      2017/08/10

世界陸上2017ロンドン大会が8月4日から開幕しています!

サニブラウン選手と飯塚選手は、無事200m準決勝の進出を決めました!
素晴らしいですね^^

期待の両選手の走りをリアルタイムで見たい!という方もいらっしゃると思います。
そこで、詳しい日本時間の放送時間と結果をお届けします。

Sponsored Link

世界陸上2017 200m準決勝の放送時間

陸上

日本での200m準決勝の放送時間は

10日(木)の朝4時50分ごろ

です!

夜中からずっと他の競技を見ながら待っても良いですが、朝からお仕事がある場合は難しいかもしれませんね^^;

目覚ましをセットしてぜひリアルタイムで応援しましょう!!

 

Sponsored Link

世界陸上2017 200mに出場する日本代表選手の予選結果

まずは予選の結果です。
200mには、日本から2選手出場します。
※200m女子は派遣されていません。

サニブラウン・アブデル・ハキーム選手(18)

予選では1組目に登場しました。
そこで20秒52というタイムを出し、2位となりました。
全体は45人中18位という結果となっています。

200mの自己ベストは20秒32です。

飯塚 翔太選手(26)

予選では最終組となる7組に登場しました。
しかしタイムは20秒58となり、全体で見たときの予選通過ラインのタイムを超えることができませんでした。

7組の着順も4位となり予選敗退と思われましたが、7組の1位と3位の選手がレーン侵害により失格となったため、着順が繰り上がり2位となりました。

このため、着順で準決勝進出を決めました!
ラッキーな結果となりました。
全体の順位は45人中23位です。

 

自己ベストが20秒11と速いので、実力で次はぜひ決勝へ進んでもらいたいですね!

世界陸上2017 200mに出場する日本代表選手の準決勝の結果

サニブラウン選手が決勝進出します!!

18歳5か月という最年少での決勝進出です。
タイムは向かい風0.3mで、20秒43で2組2着となりました。
これは、2005年大会で同じ種目で決勝に進んだウサイン・ボルト選手の18歳11か月という記録を更新する、史上最年少記録です。
そして日本勢では2003年大会で銅メダルを獲得した末続慎吾選手以来、14年ぶりの決勝進出となります。

飯塚選手は1組5着で準決勝敗退となりました。
追い風2.1mの参考記録で20秒62でした。

世界陸上2017 200m決勝の放送時間

決勝の日本時間での放送時間は

11日(金)の朝5時45分ごろ

です。

早起きして金メダル獲得の瞬間をリアルタイムで目撃しましょう!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は世界陸上2017ロンドン大会の200m準決勝の放送時間と結果、そして決勝の放送時間についてお届けしました。

飯塚選手は残念でしたが、サニブラウン選手がやってくれました!
『やらかし』に注意して決勝でもぜひ頑張っていただきたいですね^^

精一杯応援しましょう!

決勝についてはこちら:世界陸上2017|200m決勝の出場選手とサニブラウンの結果

Sponsored Link

 - スポーツ