Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

【配偶者控除見直し】いつ・廃止する意味・目的とは?世間では反対の声

   

配偶者控除が見直されれることが発表されました。

これは一体どうなることを示しているのでしょうか。

できるだけわかりやすく、いつ・廃止する意味・目的を解説します。

Sponsored Link

配偶者控除とは

今ある配偶者控除について簡単に説明します。

配偶者控除を受けれるのはその名のとおり配偶者を持つ結婚している夫婦が対象です。(細かい条件は国税庁のHPを参照)

国税庁

配偶者の年間の合計所得金額が38万円以下、またはパートなどの給与のみの場合は103万円以下であれば、その世帯の税金が軽減される仕組みです。

控除される金額は最大で38万円、配偶者の手取りが103万~141万円になった場合は段階的に控除額が減っていきます。(配偶者特別控除)

実質的に配偶者の所得が(150万円以上にならない限り)103万を超えると世帯の手取りが減るのです。

このことから、年間の所得が103万円を超えないように働く時間を制限しているパートタイマーの方が多くいらっしゃるのが現状です。

配偶者控除を廃止する意味・目的

この配偶者控除制度を見直すとのことですが、この制度が廃止されると、103万円を超えないように時間を制限して働いていた方は、時間や所得を気にせず働くことができるようになります。

これにより企業の生産性も上がり、女性が社会進出しやすくなる、と期待されています。

ただ廃止されるだけということではなく、「夫婦の所得」を対象に一定額を控除する「夫婦控除」という制度が新たにできると考えられています。

夫婦控除とは

これから議論されることなので、まだ詳しい内容までは決まっていないのが現状です。

  • 夫婦であれば全員が対象になるのか
  • 共働きの夫婦のみが対象となるのか
  • 子育て世代への所得控除になるのか

・・・とさまざまな議論がなされるものと考えられます。

色んな方向から賛成意見や反対意見が出るでしょう。

世間の声

  • 少子高齢化がますます進むのでは
  • まずは待機児童問題や介護問題をどうにかして欲しい
  • そもそも女性が働ける場所が少ない
  • 夫婦で無い人は不利なのでは?
  • 103万円の壁が無くなり自由に働けるようになることは良いことだと思うけど・・・
  • 見直しは反対

などなど・・・。

色々な立場の人がいるからこそ難しい制度改正だと思います。

これからいろんな見方、方向から議論していく必要がありそうです。


 

制度見直しがメリットとなる人もいればデメリットとなる人もいます。

一概に良い・悪いは決め付けることはできませんが、全ての人が生きやすい世の中に近づくことができる制度改正になることを祈っています。

Sponsored Link

 - ニュース, 生活