Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

早起きできる衝撃的で効果的な方法とは?

      2015/10/22

朝日出典:http://photo.v-colors.com/

早起き。特に学生や会社勤めの方にとっては日に訪れる最初の難敵ですよね。

早く起きたいけれど体が動かない。

ついつい二度寝して寝坊してしまう。

できればこのままずっと寝ていたい…。

こんな風に思ってしまう方に早起きのコツ、そしてそれに伴う早起きのメリットを紹介したいと思います。

Sponsored Link

早起きの方法

いろいろと調べた結果、次のようになりました。

  • 複数の目覚ましをかける
  • カーテンを開けて寝る
  • シャワーを浴びる
  • 冬場は暖房器具で部屋を暖めてから起きる
  • 光で起きる目覚ましを使用する
  • 朝に好きなこと、楽しいことをする
  • 横になったままストレッチをしてから起きる
  • 90分の倍数になるように睡眠時間を調節する
  • 窓を開けるなりして外の空気を吸う…etc.

 

…と、たくさん方法がありました。

どれも効果はありそうですが、どれも続く自信が私にはありませんでした。笑

そんな中、調べていくうちにびっくりした1つの方法がありました。それは…

 

二度寝しろ。

 

衝撃でした。

 

二度寝が良いその理由とは

 

二度寝しても良いなんて言われるととても嬉しいですよね。

でも実は二度寝にも2種類あります。それは、

「良い二度寝」と「悪い二度寝」

です。

まず「良い二度寝」は、

5~10分の二度寝。

睡眠時間が十分でないときに短時間眠るだけで睡眠不足が解消されるそうです。昼間の短時間の仮眠と同じ効果が二度寝にはあるそう。

さらにストレスを感じにくい体になるのだとか。目覚める際に、「コルチゾール」という朝のすっきりとした目覚めに大きく関わるホルモンの血中濃度が高まるそうで、起床後すぐに活動を始めてしまうと、まだコルチゾールが体全体に行き渡っていないため、ストレスを感じやすい体になってしまうそう。

実際にスヌーズ機能を使って5分だけ二度寝をした結果、一度で起きてしまうよりすっきり起きれました!!スヌーズ機能、とても便利です。

そして何より二度寝しても良いという安堵感。幸せです。

でも時間設定はいつも起きる時間の5分前、10分前としておきましょう。あと、二度寝は三度寝くらいまでにしておくのが良いと思います。

そして「悪い二度寝」とは、

長時間の二度寝、深い二度寝。

確かにこれでは遅刻します。

二度寝は浅い眠りが続くため睡眠の効率が悪く、逆に疲労感を生んでしまうそう。

何事も程ほどが一番のようです。

早起きの効果

 

最後に早起きの効果です。

昔から早起きは三文の徳、と言います。

ではそれにはどのようなものがあるのか、私なりにまとめてみました。

  1. 身体が健康になる
  2. 心も健康になる
  3. お金持ちになれる

もうすでに三文以上の徳があるように思います。

 

身体が健康になる

早寝早起きを行うと、自然と生活のリズムが整います。自律神経の調子が良くなり、ストレスが緩和され、さらに胃腸の調子や筋肉の質まで良くなります。

朝起きた時に太陽の光を浴びると15時間後にはメラトニンという眠りを誘うホルモンが分泌され、自然と眠くなります。例えば朝6時に起きて光を浴びると、夜9時には眠くなるということです。この体内リズムが基本となると、自律神経が整い自然に目が覚めるということにもつながります。

 

心も健康になる

 

いつもギリギリに起きて慌てて家を出るような生活を続けていると、事故に遭いやすくなったり、忘れ物が増えたりして、その結果イライラしてしまうこともあります。常に焦っているので自分よがりな身勝手な行動に出たりして、人を傷つけたりというような攻撃的な心になってしまいがちです。

朝早く起きて心に余裕を持つことで、周りをもっとよく見れるようになって人に優しくなれたり、気配りができるようになります。そうすると人間関係もスムーズになります。

時間に余裕が持てるということは、心にも余裕が持てるということです。

お金持ちになれる

一見早起きとは関係なさそうですが、実は「世界の成功者は早起き」というデータがあります。世界で活躍する企業のCEOやハリウッド女優、その他有力者にみられる共通点のようです。

彼らは朝早く起きて、自身の健康維持のために朝食を摂ったり、トレーニングなどの運動を行ったりしています。他にも朝一番に勉強する方もいれば、その日の計画を立てる方もいます。

お金持ちは時間の使い方をかなり工夫しています。時間の管理がしっかりできる人は、お金の管理もしっかりできる、と言えそうです。

 

ということで、あなたも早速早起きしてみましょう!

人生が変わるかもしれません!

私も頑張ります!

Sponsored Link

 - 生活