Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

ドラマ火の粉最終回予想・ネタバレ・感想!原作とは違う結末に!?

      2016/05/29

土曜深夜に放送されているドラマ・火の粉。

ユースケ・サンタマリアさん演じる主人公・武内さんが狂気に満ちていて目が離せません。

このドラマの最終回が波乱の予感です。

原作とは違う展開なだけに、衝撃的な結末になりそうです。

Sponsored Link

原作の結末

雫井脩介(しずくい しゅうすけ)さんのサスペンス小説「火の粉」が原作となっています。

原作の結末では、梶間勲(伊武雅刀)が最後まで武内真伍の正体に気づかない息子の梶間俊郎(大倉孝二)を守るため、武内を殴り殺してしまいます

その半年後、勲に懲役1年6ヶ月の実刑判決が下されました。

・・・となるのですが、8話の展開をみたところ、こうはならなさそうですね。

最終回(第9話)予想

まず第8話の最後、佐藤隆太演じる池本亨が木南晴夏演じる佐々木琴音に刺されます。

原作には無いオリジナルストーリーです。

そもそも琴音自体原作には無いオリジナルキャラクターです。

ドラマではどうやらこの「琴音」がキーパーソンになりそうです。

8話では武内さんより狂気じみていて怖かったですもんね・・・。

第二の武内さんと言われる琴音。かつてDVを受けていたかのように描かれていますが、実は自傷行為だったのかもしれません。

武内さんも幼少のころから自傷行為をしていた、ということなので、この2人はとても似ているのかもしれません。

この2人が最終話でどのような行動にでるのかが最大の見所でしょう。

何だかこの流れで行くと琴音が武内さんを殺しそうです・・・。

琴音が武内さんへの親切心から池本さんを殺したのであれば、琴音は武内さんに見返りを求めるはずです。

その見返りが無かったのだとすれば、琴音は武内さんを殺すでしょう。

武内さんが的場さん一家を殺したときのように・・・。

ネタバレ

琴音と武内さんが自首する流れになりました。

しかし、その前に武内さんと梶間家で最後の晩餐をすることになりました。

武内さんはバームクーヘンに毒を盛り、全員で死のうとしていたようです。

しかし、それは止めたようです。

琴音の働きのおかげでしょうか。

武内さん家にあった毒を見つけ、それを梶間家にも武内さんにも明かします。

琴音が武内さんを試すようなことをしてましたよね。

それが影響したのか、それとも武内さんにも良心が残っていたのでしょうか。

梶間家は助かりました。

梶間家も、武内さんを殺すのかと思わせた場面もあり、ハラハラしました。

梶間家が加害者にならなくて良かったです。

ここが原作と大きく違うところですね。

最後、どっち!?と思うような結末でした。

このどっちかわからないような展開は、このドラマの特徴でもあります。

武内さんは、家族の暖かさを初めて知り、自害しました。

眠っていただけ、と解釈もできますが…。

感想

  • 演出が凄かった!
  • ユースケ・サンタマリアの演技力に脱帽。武内さんの目が悲しい目をしてた。
  • スッキリしないなぁ
  • 武内さん、憎みきれなかった

最後の展開が意外と不評?ですね。

しかし、人によって色んな解釈できる結末は奥が深いと思います。

失敗して焦げたバームクーヘン、琴音が持って帰ることになったはずですが、持って帰ってませんでしたね。

琴音はなぜ持って帰ってなかったのでしょうか。

奥が深いですね…。


 

このドラマは、ストーリーの面白さで見ていたのもありますが、ユースケ・サンタマリアさんの素晴らしい演技に釘付けになっていたのが見続けた一番の理由です。

ユースケ・サンタマリアさんの完全復活に、喜びが隠せません。

Sponsored Link

 - メディア