Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

井上晴美のブログはなぜ炎上したのか‐被災者を叩く心理とは

      2016/11/13

4月14日から熊本、大分を中心として発生している一連の地震。

被災された方へ心よりお見舞い申し上げます。

その被災者の1人である井上晴美さんのブログに、誹謗中傷が集まっていることが話題となりました。

なぜこのようなことが起きたのでしょうか。被災者を叩く心理とはどういったものなのでしょうか。

Sponsored Link

井上晴美さん

1974年熊本県生まれ。

1991年、桜っ子クラブさくら組の一員でアイドルとしてデビューしました。

その後は、ドラマ、舞台、映画など数多くの作品に出演されました。

メキシコ人の方と国際結婚をして、現在は3児(長男(8)、長女(6)、次男(4))の母となっています。出産を機に東京を離れ、熊本で自然に囲まれた田舎で暮らしていました。

そして、このたびの震災に見舞われました。

被災したのは西原村だと言われています。

阿蘇山の麓の村です。

なぜ叩かれるのか

井上さんは自身のブログで、震災が起こってからのリアルな身の回りの状況を発信してきました。

ですが、一部の人からの誹謗中傷により、一時ブログの更新を止めました。

なぜ誹謗中傷が集まってしまったのでしょうか。

さまざまな理由がありそうです。

まずはマスコミが大々的に井上さんが被災したことを報道しました。

その結果、井上さんのブログを見る人が大幅に増えました。

世の中には色々な人がいる、というのが露呈した結果でもあるのですが、

  • 食べるものもないのに電池使ってブログ更新ですか? 余裕ありますね
  • 愚痴りたいのはお前だけではない
  • 悲劇のヒロイン気取ってんじゃねーよ

など「他人の不幸は蜜の味」といわんばかりのコメントが目立つ結果になってしまいました。もちろん井上さんを励ますコメントもあります。

他人を批判することで自分を正当化する、という心無い人は無視しておけばいいのですが・・・。

避難所へ行けばいい、など、アドバイスしてくれる人もいたのですが、避難所へは行かず困っている様子をアップし続けた井上さんにあきれる人が増え、さらに非難が集まる結果になってしまったのも事実です。

後に井上さんは自身の子どもが避難所の人たちに迷惑をかけてしまう、という理由で避難所へ行かなかったことを明かしています。

叩く人も、発信する側の井上さんも、想像力が少し欠落していた結果かな、と思います。

不満を不特定多数の人に見てもらう場所(ブログなど)で書くことによりストレスが軽減されるので、ブログを書くことを否定するつもりはないのですが、自分自身は芸能人であり、少なからずも一般人よりは影響力のある立場であることを考えれば、発信する内容に気をつけなければ非難があつまることは想像できます。

被災した状況でそこまでの配慮は難しいとは思いますが・・・。

ブログの停止措置は正解だったと言えるでしょう。


 

もし自分が被災して、家も何もかも失ったら・・・。

そんなときに誹謗中傷されたら・・・。

ただ「辛い」と言っただけなのに。

人の辛さ、痛さに寄り添える人間になりたいものです。

関連記事

藤原紀香がブログで炎上の原因『火の国の神様』とは一体何なのか?

Sponsored Link

 - メディア, 芸能