Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

栗原敏勝のツイッターやフェイスブックから自殺の衝撃の理由判明

   

栃木県宇都宮市で3度の爆発があった事件。

爆発の理由はある男性の報復自殺、と言っても過言ではないものでした。

この男性、栗原敏勝容疑者のツイッターやフェイスブックやブログが発見され、苦悩の日々を送っていたことが明らかになりました。

スポンサードリンク

栗原敏勝容疑者

facebookによると、栗原容疑者は千葉県四街道市の出身の72歳。

現在は栃木県宇都宮市在住でした。

報道によると元自衛官で陸軍自衛隊に勤務、勤務態度は真面目で仕事熱心、教官も務めていたとのことです。

最近は娘(三女)が精神病を患ったのをきっかけに家庭が崩壊した経緯や、宇都宮家裁に対しての不満をSNSに書き込んでいました。

そして2016年10月23日、宇都宮城址公園、その近くのコインパーキング、そして男の自宅の3箇所を爆発させ、自身も自殺を図りました。

無関係な市民が巻き添えになり怪我を負ったことから、殺人未遂容疑で調べられています。

ツイッター、フェイスブック、ブログなどのSNS

栗原容疑者は複数のSNSアカウントを作り、ネット炎上させるねらいで、宇都宮家庭裁判所の裁判官や調停員に対する批判を書き込んでいました。

しかし自分の思ったとおりに事は進まず、最悪の結末をとってしまいました。

栗原容疑者のツイッターはこちら

YouTubeでもアカウントをつくり動画を投稿していたようです。

フェイスブックはこちら 後に見られなくなる可能性あり

ブログはアメブロヤフーブログの二種類が確認されています。

いずれも内容はほぼ同じです。

時には2ちゃんねるにも書き込みを行なっていたようです。

妻はカルト宗教に?

栗原容疑者のヤフーブログの方に、妻がカルト宗教に洗脳されている、という旨の書き込みがあります。

真言宗のお寺のようですが、精神病は病気ではなく、先祖の霊がとりついたもの、という独自の視点で先祖を供養し精神病を治す、という考えの住職がいらっしゃるところです。

栗原容疑者は、この考えに全く共感していなかったようです。(なのでカルト宗教と記述したのでしょう)

しかし妻はこの考えに共感していたため、考えの違いから対立、離婚協議にまで発展したようです。

そこで栗原容疑者は敗訴し、納得していないがため異議を唱えるものの家裁からは相手にされず、フラストレーションが溜まっていたと考えられます。

SNSでも思ったような結果も得られず、どん詰まりだ、と感じたのでしょう。

世間に対する怒りもあり、人の集まる場所を選び、自殺を図ったのではないかと考えられます。


 

いかなる理由があろうと無関係な他人を巻き込んで怪我をさせることは犯罪です。

この出来事をきっかけに、栗原容疑者が望むような家裁の変革はあるのでしょうか。

世間の人たちの視線は冷たいように感じます。

 - ニュース