Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

七草粥は2017年のいつ食べる?炊飯器での簡単な作り方・人気献立

   

2017年のお正月にはご馳走をたくさん食べた方も多いのではないでしょうか。

その疲れた胃腸を休めるのは七草粥の役目です。

ところでその七草粥を食べる時期は2017年のいつであるかご存知ですか?

炊飯器での簡単な作り方や人気の献立、おかずについてまとめました。

Sponsored Link

2017年 七草粥を食べる時期

春の七草

七草粥を食べる時期は

一般的には1月7日の朝です。

地域によっては旧暦の1月7日に食べる(2017年であれば2月3日)、小正月である1月15日に食べる、などの差異があります。

春の七草を食べよう

七草粥は「春の七草」を細かく刻んでお粥に入れたものです。

その春の七草は

  1. セリ
  2. ナズナ
  3. ゴギョウ
  4. ハコベラ
  5. スズナ
  6. ホトケノザ
  7. スズシロ

の7種類です。

どこで手に入れるの?

田んぼのあぜ道などに自生していますが、春の七草が自生できる良い環境と、野草の知識が無いと中々手に入れることができません。

スーパーでは七草のパック詰めが売られています。大体は新暦のお正月を過ぎたあたりでよく見かけますね。

他にもネットショッピングでも買うことができますので、お気に入りのショップで探してみてください。

Sponsored Link

炊飯器で作る!七草粥の作り方

炊飯器で簡単に七草粥を作りましょう。

<材料(3人前)>

  • お米1合
  • 水(炊飯器の指示に従ってください)
  • 塩少々
  • 春の七草

<作り方>

  1. 春の七草をよく洗い、お粥になじむくらいの大きさ(1cm幅)に細かく刻みます。
  2. 炊飯器に春の七草と塩少々、お米を入れて炊飯器のお粥モードでお米を炊きます。
  3. 炊き上がったらできあがり。

下茹で無しでも美味しくできます。

葉っぱ類のアクが気になる方は熱湯でさっと茹で、冷水に浸してアクをとりましょう。

熱が取れたら水気をとり、細かく刻んでおきます。

炊き上がったお粥と混ぜて完成です。

ちなみに土鍋でもできます。

七草粥のおかずは

七草粥だけでは味気ない、という方におすすめのおかずを紹介します。

  • 魚(カレイやヒラメなど)の煮付け
  • ぶり大根
  • 卵焼き
  • お味噌汁
  • 焼き魚(サケなど)
  • 豚の角煮

などです。

漬物や梅干しも付け合せとして人気です。

お肉や魚を使った料理が人気のようです。

まとめ

一年の無病息災を願って食べられている七草粥。

家族みんなで味わってみてはいかがでしょうか。

関連記事

七草粥(春の七草)はいつ食べる?由来、理由がとても興味深かった!

Sponsored Link

 - 生活, 行事、イベント