Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

南海トラフ地震は11月23日?予言や時間など不安になっている方へ

   

大きな地震があるたびに「南海トラフ地震の前兆ではないか」「南海トラフ地震の予兆ではないのか」と不安を煽るような声が毎回聞こえます。

今は「南海トラフ地震は11月23日に起こる」と予言されているようです。

この予言の内容や時間など調べてみました。

巨大地震に不安になっている方へ、その不安が少しでも和らぐことを願います。

スポンサードリンク

2016年11月23日に南海トラフ地震?

松原照子氏の予言

松原氏はあの東日本大震災を予言したことで有名になった方です。

その松原氏の予言とは魔の水曜日に大地震が起こる、というもの。

しかもその「魔の水曜日」とは祝日だというのです。(カレンダーが赤い、というイメージだそう)

2016年の祝日で水曜日なのはもう11月23日の勤労感謝の日しかありません。

そして発生時間など詳しいことまでは予言されていません。

ここで注意して欲しいことは2016年に限定した予言ではない、ということです。

しかも

  • 伊豆が紅葉しない
  • 貝が不作
  • 富士五湖(山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖)の水位が下がる

という条件もあるようです。

そしてこの予言は30年ほど前のものです。

今回、22日に福島県沖でM7.4の地震が起きたことから、この予言の話題がまたさらに過熱している状況です。

このことから、11月23日に南海トラフが来る!と噂になっているようですが、結論から言うと

11月23日に限らずいつでも来る可能性があります。

23日に来なかったからもう大丈夫とか、そういうものではありません。

今年は伊豆が紅葉しているから大丈夫!とかそういうものでもありません。

南海トラフ巨大地震はいつ来るのか

最近は日本に限らず海外でも大きな地震が頻発しています。

正直いつ起こってもおかしくありません。

今私たちにできるのは地震に備えるということです。

例えば

  • 家具の固定
  • 食料の確保(一週間分)
  • 飲料水の確保(一週間分)
  • 寝る場所のそばに非常用持ち出しバッグを置いておく
  • 家族同士で避難場所の確認(家からの避難場所、職場からの避難場所)

備えあれば憂いなし、です。

参考にどうぞ:災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~

それでも不安になってしまう方は

考え方を変えてみましょう。

  • 未来のことだけでなく、にも目をむけてみませんか?
  • じっとして考えるだけじゃなく行動してみませんか?(防災グッズを買いに行くなど)
  • 不安なことばかり書いてあるネットのページを見るのをやめてみませんか?
  • 心配してもしょうがないことは考えるのをやめませんか?

などなど。

心配なことばかり考えてもどうにもならないこともあります。

プラス思考で、今無事でいられることに感謝してみませんか?

まとめ

地震の予言は確かに過去に当たったものもあります。

しかし、予言ばかりにとらわれてはいけません。

普段からの備えておくことこそが、災害に対して私たちができる唯一のことなのです。

各地で地震が起き、南海トラフの前兆!?と考えるのも良いですが、余計な不安を煽ることはしない方が良いですね。

関連記事

【2062年未来人】5月17日南海トラフ地震は来ないーデマに注意

【鳥取地震】なぜ起きた?原因や今後の情報について―本震だった?

九州地震の今後・・・南海トラフ地震の引き金となるか?未来人の予言

【スピリチュアル】なぜ中央構造線上にパワースポットが?-熊本地震

 - スピリチュアル, 生活