Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

猫侍「南の島へ行く」香川県高松市で上映スタートinホールソレイユ

      2015/11/08

猫侍映画 猫侍「南の島へ行く」(監督:渡辺武、主演:北村一輝)が香川県高松市亀井町の高松ソレイユ・2で上映が開始されました。

全国では2015年9月5日ロードショーであったのに対し、なぜかここ香川では11月7日という実に2ヶ月遅れの上映となりました。

猫好きにはたまらない映画となっております。

そのみどころをまとめてみました。

Sponsored Link

あらすじ と 猫侍について

この映画のロケ地は八丈島でした。「南の島」にも関わらず、CGなどは全く使っていません。そんな映画のあらすじは

元加賀藩剣術指南役の斑目久太郎(北村一輝)は江戸での浪人暮らしを切り上げ、白猫の玉之丞を連れて斑目家に戻ってくる。彼は義母タエ(木野花)のあてこ すりもどこ吹く風で、妻お静(横山めぐみ)や娘と暮らせる喜びをかみしめていた。そんな折、タエが土佐藩に仕官するための紹介状を持ち帰り、久太郎は玉之 丞と共に土佐へと向かう。出典:シネマトゥデイ

と、ここまでのあらすじを見ると、普通ですよね。どこで南の島へ行くのか。

ストーリー展開が実は、普通ではないんです。

それは見てのお楽しみ、ということで。

ギャグ要素満載の映画となっております。

そもそも猫侍は映画として始まったのではなく、2013年10月にテレビドラマとしてスタートしました。

可愛い玉之丞というツンデレ白猫と、コワモテの冴えない中年の浪人剣士が繰り広げる、癒しと笑いと感動(?)の新感覚時代劇です。

このドラマがヒットして、2014年3月1日には劇場版として公開され、またさらに2015年4月からテレビドラマ「猫侍 SEASON2」が始まり、そしてまた2015年9月にこの映画が公開となりました。

猫侍シリーズの人気が伺えます。

猫侍 SEASON2からは特にギャグ要素が増えて、脚本からもうぶっ飛んでます。北村一輝さんがストーリー原案に携わりだしたからでしょうか。笑

このドラマの雰囲気をそのまま携えて映画につながっているような、そんな楽しい映画になっています。

みどころ

みどころはやっぱり玉之丞扮する白猫のあなご&さくらちゃんでしょうか。しかも今回はジャック君という黒猫まで登場し、しかも恋模様まであるということです。気になりますよね。

もう猫たちの表情やしぐさからかわいさがあふれてたまりません。

日ごろの疲れも吹っ飛びます。

その上北村さん扮する斑目久太郎のキャラが笑いを持ってきます。

主人公キャラ崩壊寸前…(いや少ししたかな…)でした。笑いなしでは見られません。

他のキャストの方も面白く(特にLiLiCoさん)、そして途中ちょい役で出たあの方まで最後は大活躍します。

最後の最後のエンドロールまでしっかりと見てください。見逃せません。

最後に

来場者特典までつきます。

猫侍DVD嬉しいかぎりです。なくなり次第終了です。

第二弾は「あぶらとり紙」となっています。

全国の映画館でこの猫侍が上映されているのはこの香川県だけです。上映劇場 映画「猫侍 南の島へ行く」見逃した方はぜひこの機会にご覧になってみては?

追記

劇場版「猫侍 南の島へ行く」Blu-ray&DVDの発売日が12月18日(金)に決定しました。
レンタルも同日開始です。
発売まで待ちきれない方はぜひ映画館へ!

 

 

Sponsored Link

 - メディア, 動物