Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

年賀状に添え書きしたいセンスある一言 上司や取引先、得意先への例文

      2016/11/21

年賀状の季節ですね。

そこで必ず悩むのが「手書き(自筆)での一言」ではないでしょうか。

親戚や友達に書く一言なら簡単かもしれませんが、上司や取引先、得意先など、目上の方への一言となると難しいですよね。

その悩みに応えるべく、センスある添え書き(一言) の例文をご紹介します。

スポンサードリンク

添え書きする際の注意点

1.賀詞との重複を避ける

賀詞とは

  • 謹賀新年・・・謹んで新年をお祝いします
  • 謹賀新春・・・謹んで初春をお祝いいたします
  • 恭賀新年・・・うやうやしく新年をお祝いいたします

というものです。これらは目上の方に対して使います。

これらのお祝いの意味を持つ賀詞と共に「明けましておめでとうございます」と書くのは重複となりNGです。

ちなみに、一言の賀詞「寿」「福」や、二言の賀詞「迎春」「賀正」などは相手が友人や目下の人に使うものなので、目上の方への使用は不適切となりますので注意が必要です。

2.忌み言葉を避ける

お正月は古くからお祝い事として親しまれています。

ですので、年賀状では忌み言葉を避けるようにします。

死、血、無(梨も含む)、摩、魔、切、去(猿も含む)、終、割、悪、戻、朽、壊、敗、破、崩、別、離、戻、帰、飽、滅、苦、往、逝、痛、冷、散、悲、流、重、浅、薄、嫌、疎、褪、倒、消、詰、負、失、寂、弱、枯、閉、倒、病、衰、折

など、悪いことをイメージさせるような言葉は使わないようにします。

ですので「去年」とは書かず、「昨年」「旧年」「旧年中」という言葉を用いるようにします。

3.その他

忘れがちになるのが、「最後に年号を書く」ことです。

無難なのは「平成○○年 元旦」です。

縦書きであれば漢数字で書きましょう。

また、添え書きははっきりと読みやすい字で書きましょう。

使うペンのインクがかすれていたり、色の薄い筆ペンで書いたりするのはよくありません。

筆ペンが好ましいですが、ボールペンでも構いません。

そして添え書きは「区切りをつけないために」という意味で「、」「。」などの句読点はつけません。

添え書きの例文

まずはお礼の一言を書きましょう。

取引先や得意先へは

「旧年中は大変お世話になりました」

「昨年は格別のご厚意を賜り 厚くお礼を申し上げます」

などです。そしてもう一工夫するなら、取引上などの出来事に対するお礼を書きましょう。

「○○の件では大変お世話になりました」

「△△様をはじめ 皆様から数々の有益なご提言をいただきましたことに厚くお礼を申し上げます」

などです。ただし、多くの人の目にさらされることになるので、具体的すぎる取引内容などを書かないように注意しましょう。

上司へは

「昨年は格別のご指導を賜り 厚くお礼を申し上げます」

「旧年中は温かくご指導くださり 誠にありがとうございました」

などです。仕事上での出来事(プロジェクト)などに対してのお礼を書くのも良いですね。

「○○の件(プロジェクトなど)では△△様のおかげで無事に成功させることができました ありがとうございました」

「○○の件では大変お世話になりました」

などです。

次に今年の抱負や誠意を書く

お礼の言葉が既に印刷されている場合などは抱負から書き始めても良いでしょう。

取引先や得意先へは

「今年も皆様のお力になれるように精進いたします」

「本年も社員一同さらなる努力をもって 皆様のお役に立てるよう頑張る所存です」

などです。そして

「貴社益々のご発展をお祈り申し上げます」

「本年も相変わらず よろしくお願いいたします」

「皆様(○○様)のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」

「本年も変わらぬご愛顧(ご厚意、ご交誼)のほど心よりお願い申し上げます」

と結ぶと良いですね。印刷されている内容などとバランスをとって書きましょう。

上司へは

「さらなる飛躍の年とするべく努力する所存です」

「今年○○は△△に取り組みます」

など、人目に触れても差し支えないくらいの具体的な内容で決意表明するのもいいですね。

「今年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど よろしくお願い申し上げます」

「○○様をはじめ ご家族皆様のご多幸とご健勝をお祈りいたします」

結びの言葉は名前を入れると距離感も縮まります。

まとめ

いかがですか?

取引先や得意先へは、こどもの成長などプライベートなことは書かないのが通例です。

色々な書き方がありますが、自分自身の言葉で、オリジナリティを出すと相手にも伝わりやすくなります。

そのためにはやはり文章の中に自分の名前を入れたり、お互いの間で起きた出来事などに触れるとオリジナリティが出ます。

定型文だけでは味気ないので、そういったオリジナリティを出すことでより良い関係が築けると良いですね。

関連記事

【年賀状2017】シンプルな無料テンプレート、写真フレームまとめ

【2017年酉年年賀状】鳥のイラストを可愛く簡単に手書きする方法

 - 生活