Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

大原櫻子の歌が上手い秘密は歌い方と声色にあった

      2016/11/13

大原櫻子2出典:http://www.musicman-net.com/artist/44630.html

今や10代の女の子を中心に大人気の大原櫻子ちゃん。

「2015年ブレイクするアーティストランキング」で2位に輝いたほどの人気っぷりです。

2015年第66回NHK紅白歌合戦出場おめでとうございます!

女優として活躍する傍ら、歌手活動にも積極的です。

そんな中、歌唱力について議論がなされているのも事実です。真相はいかなるものでしょうか。

解析してみました。

Sponsored Link

大原櫻子の歌唱力

いかがですか?

アカペラでここまでの声量と音程の良さです。ビブラートも程良くきいていて聞きやすいです。

特徴としてはこの力強い歌い方です。最近はどちらかと言えばミドルボイスの優しい歌い方の歌手が人気ですが、櫻子ちゃんはミドルボイスの優しさも力強さも兼ね備えています。この緩急ついた歌い方で心打たれる人が多いように感じます。

批判的な意見として

  • 音程が悪い
  • 発音が悪い

とありました。

多少の批判は人気がある人であれば必ずあります。

裏を返せばそれだけ注目が集まっているということです。

本当に下手であったり、最近よくあるゴリ押しであれば批判的な意見ばかり集まってくるはずです。

実際動画サイトのコメント欄は肯定的な良いコメントばかりです。

世間一般論から見てみても歌は上手いと言えます。

大原櫻子の経歴

ここで少し大原櫻子ちゃんのプロフィールと経歴を見てみましょう。

大原 櫻子(おおはら さくらこ、1996年1月10日 – )は、日本の女優、歌手、ラジオパーソナリティ。東京都出身。

所属事務所はフジパシフィックミュージック。所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント。

幼少期からクラシック音楽を習い、歌うことも好きだったので高校1年生の文化祭の後からボイストレーニングを開始する。

映画

カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年12月14日、東宝) – 小枝理子 役

舞妓はレディ(2014年9月13日、東宝) – 小島千春(舞妓時代) 役[16]

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%8E%9F%E6%AB%BB%E5%AD%90

やはり小さい頃から色んな音楽に触れて育ってきたのも、歌唱力が高くなった理由のひとつだと思います。さらに高校生のときからボイストレーニングを始めたのも大きな理由だと思います。好きこそものの上手なれ、ですね。

そしてなんとお父さんもナレーターというサラブレット。→大原櫻子の父親は有名なあの声の人物だった!

もう一つの決め手

それは何と言っても「声色」でしょう。

特技は、ダンス・ピアノ・バレエ・歌・水泳・ものまね

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%8E%9F%E6%AB%BB%E5%AD%90

そう、特技はものまね。レパートリーは「アントニオ猪木」や「ローラ」、「サザエさんのタラちゃん」「テーマパークのお姉さん」。

自在に声を操る能力は素晴らしいものがあります。

動画サイトにいろいろとあがってますので気になる方はぜひ。可愛いです。

まとめ

いかがでしたか?

まだ19歳という若さの大原櫻子ちゃん。

さらなる活躍を期待しています!

紅白歌合戦も楽しみですね♪

第66回紅白歌合戦(2015)出場歌手、司会者同日発表!!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

大原櫻子の父親は有名なあの声の人物だった!

大原櫻子のようなミドルボイス(ミックスボイス)の出し方、歌い方

紅白歌合戦2015の出場歌手、曲目、順番(トリ)の発表について

FNS歌謡祭2015年冬は2days!!出演者、内容共に豪華(12/2)

Sponsored Link

 - メディア, 芸能, 音楽、ライブ