Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

大平透さんの死因・・・入院中に死去、代表作は「笑ゥせぇるすまん」

   

「笑ゥせぇるすまん」や「ハクション大魔王」の主役で知られる大平透さんが12日、亡くなりました。

86歳でした。

葬儀は近親者で営まれましたた。後日、お別れの会を開く予定です。

Sponsored Link

大平透さん

1929年(昭和4年)9月24日生まれ、東京都大田区出身。

代表作は「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造や「ハクション大魔王」のハクション大魔王です。

実は、1988年に放送された「おそ松くん」の第2作目では、デカパンの声も演じられています。

映画の吹き替えでもご活躍されていました。「スター・ウォーズ」シリーズでは旧3部作と新3部作・エピソード3「シスの復讐」でダースベイダーを演じていらっしゃいました。

まさに「誰もが一度は聞いたことのある声」と言えるでしょう。

また、一人の名声優が逝ってしまわれました。

死因

死因は肺炎でした。

肺炎、ということは生活習慣病ではなかった、ということでしょうか。

2015年12月には病院でリハビリ、とありますが、詳しい理由は明らかにされていません。

病気療養中のところ肺炎のため、公式サイトで発表していることから、何らかの持病があったのでしょう。

抵抗力が加齢と共にどうしても弱くなってしまうことから、高齢になればなるほど、肺炎によって死亡する確率は高くなります。

肺炎は日本人の死因、第三位です。


 

独特の低音ボイスで、数多くのファンを魅了してきた大平透さん。

ご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Link

 - ニュース