Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

リバースの意味は2つ!初回(1話)のあらすじとネタバレ紹介

   

4月14日金曜の22時から始まるドラマ「リバース」。

主演は藤原竜也さん、そして相手役となるのは映画「デスノート」以来10年ぶりの共演となる戸田恵梨香さんです。

原作は後味が悪く嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の第一人者である湊かなえさんです。

俳優陣、原作者、複数の湊作品を手がけてきた制作スタッフの方々…この最強タッグで作り上げられるドラマが面白くないわけがありません!

放送が楽しみですね^^

そしてドラマを見る上で大切なタイトル「リバース」の2つの意味と初回(1話)のあらすじとネタバレを紹介します。

Sponsored Link

リバース初回のあらすじとネタバレ

藤原竜也さん主演の「リバース」は人気作家湊かなえさん原作のサスペンスドラマです。

ただ、普通のサスペンスとは違い、複雑な人間模様を描いた作品となっています。

原作のその後を描いたオリジナルストーリーが追加されたり、原作には登場しないオリジナルキャラクターが登場したりします。

ドラマでしか見られない演出も見どころですね^^

主人公は深瀬和久(藤原竜也)というニシダ事務機械株式会社に勤める地味で冴えない男です。

唯一の取り柄は美味しいコーヒーを淹れること。

そんな深瀬には行きつけの「クローバー・コーヒー」というコーヒー店があります。

そこではマスターである圭介(バッファロー吾郎A)と、その妻の乾恭子(YOU)が深瀬を懇意にしてくれています。

そんな恭子の計らいにより、深瀬は越智美穂子(戸田恵梨香)という女性と運命的に出会い、強く惹かれあうようになり付き合い始めます。

ここまでは序章で、ある日突然「深瀬和久は人殺し」と書いた告発文が美穂子のもとに届いたことで物語は大きく動き出します。

深瀬は10年前の冬、大学のゼミ仲間5人と一緒にスノボ旅行へ行き、その旅行中に親友の広沢由樹(小池徹平)を事故で失っています。しかし、この事故には隠された大きな『秘密』があったのです。

その『秘密』は墓場まで持って行く…そんなゼミ仲間との約束を思い出していました。

そんなある日、通っていた大学の教授の退官祝賀会を知らせる手紙が届き、そこで大学のゼミ仲間である谷原康生(市原隼人)、浅見康介(玉森裕太)、村井隆明(三浦貴大)、村井の妹・明日香(門脇麦)らと再会します。

その会場には広沢の母、昌子(片平なぎさ)も訪れていました。深瀬たちは広沢の死後、8年ぶりに会う昌子に対し気まずさを覚えます。

そんな深瀬たちを遠巻きに見つめる一人の男、元刑事でジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)の姿がありました。

小笠原は当時の広沢の失踪事件の担当刑事であり、事故で処理しようとした上司に「事件性がある」と反発。その結果担当を外され僻地に飛ばされてしまいます。

その後退職するもジャーナリストに転身し、広沢の事件の真相について調べています。

この小笠原はドラマのオリジナルキャラクターです。

この男が登場することにより、原作にはない面白さが出てくることでしょう。

放送が楽しみですね!

Sponsored Link

リバースの2つの意味

リバース

出典:https://twitter.com/reverse_tbs

リバースを見る上で大事なのはタイトル「リバース」の意味です。

英語で「reverse=逆、反転」の意味を持ちます。

そして同時に「rebirth=再生、復活」の意味も持ちます。

事件・事故の真相が「反転」したり、親友・広沢を軸に、友情や絆が「再生」していくドラマとなっています。

毎回いろんな「リバース」が見られそうですよ。

どこがどう「リバース」するのか、楽しみですね!

まとめ

今回は「リバース」の意味と初回のあらすじとネタバレについてお届けしました。

湊さんの作品は毎回最後までどうなるかわからない、というスリリングでハラハラした面白さがあります。

この「リバース」は良い意味で物事の事実を「リバース」させて期待を裏切ってくれそうです!笑

最後まで目が離せませんね!!

「リバース」の関連記事

リバースでの市原隼人はカツラ?ロングな髪型もかっこいい!画像

シェネル「Destiny」のPV動画や歌詞と発売日★リバース主題歌

Sponsored Link

 - ドラマ