Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

櫻子さんのあらすじとネタバレ!キャストの年齢が原作と全然違う?

   

観月ありささん主演のドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(以下:櫻子さん)がはじまりますね!

原作小説やアニメも人気なこの作品。

すでにファンが多いのでキャスティングにちょっと疑問の声が出ていますね。

年齢設定が違いすぎるなど、ちょっと原作そのままの設定ではないようです。

ドラマでは原作やアニメとは違う展開を見せるのでしょうか?

そこであらすじをネタバレでおとどけします。

Sponsored Link

櫻子さんのあらすじとネタバレ

櫻子さん

出典:twitter

主人公は九条櫻子(観月ありさ)です。彼女は裕福な家庭に生まれ、「容姿端麗」「頭脳明晰」な女性。

しかし興味があること以外は一切関わりを持ちません。

三度の飯より骨が好き、という一風変わった彼女は骨格標本専門の標本士の資格を持ちます。

そしてもう一人の重要人物、館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)とは櫻子のお屋敷で出会います。

正太郎は博物館の技術補佐員です。彼が務める博物館の館長からの指示で、九条邸へ訪れたのが始まりです。

櫻子は博物館から組み立てを依頼されていた骨を正太郎に持ってきます。

正太郎はむき出しになった骨を見て驚きます。

しかし櫻子はそんな正太郎に「この骨はどこにあったのか」「そこへ案内しろ」と言い出します。

博物館のスタッフ志倉愛理(新川優愛)に教えてもらった場所に向かうと、そこには白骨化した遺体がありました。

驚く正太郎を尻目に、櫻子は「素晴らしい」と恍惚の表情を浮かべ、変人っぷりを見せ付けます。

正太郎の通報でかけつけた警察官でもその場ではわからなかった遺体の「性別」「年齢」「死亡推定時期」「利き手」までスラスラと言いはじめます。

しかし、櫻子は何よりも「歯が気になる」というのです…。


 

ドラマのオリジナルキャラクターも登場しています。

新川優愛さん演じる志倉愛理です。

なんと正太郎と恋の予感があるというのです…!

原作の雰囲気は壊さない程度に恋模様を描いて欲しいところですね!

Sponsored Link

キャストの年齢設定がおかしい!?

原作では櫻子さんは20代後半の設定です。

正太郎も高校生です。

しかし実際は

櫻子:観月ありささん…40歳

正太郎:藤ヶ谷太輔さん…29歳

原作のプラス10歳くらいですね。

確かに原作と比べると思い描いていたイメージともかけ離れますよね…。

特にアニメを見た方はそう思われるかもしれません。

しかし、ドラマはドラマとして別物として見ることで、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

まとめ

今回はドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のあらすじなどをお届けしました。

放送を見てみないと何ともいえませんが、年齢の違いは気にならないくらいの面白さになるのではないでしょうか。

観月ありささんや藤ヶ谷太輔の演技にも注目ですね♪

「櫻子さん」関連記事

櫻子さんはなぜ観月ありさ?イメージと合わない、年齢的にもあり得ない!?

Sponsored Link

 - ドラマ