Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

【OUR HOUSE】山本耕史のサックスは吹いてる?当て振り?

      2016/11/13

フジテレビで日曜21時に放送のドラマOUR HOUSE。

その中でサックス奏者である「伴 奏太」を演じる山本耕史さんのサックス演奏シーンが話題となっています。

吹いているように見えますが、実際はどうなのでしょうか。

Sponsored Link

当て振りor演奏?

答えからずばり言うと、

実際に山本さんは吹いています。

が!しかし実際の音はプロが演奏した音に聞こえます。

1話目なんか特にそんな感じです。

ということは当て振りですね。

当て振りとは、予め録音されていた音源を流し、それに合わせて楽器を演奏する振りをすることをいいます。

山本さんが吹いているけど、音は別の人、といったところでしょうか。

山本さんはこのドラマの為にサックスを一ヶ月で習得したそうです。

サックスはちゃんとしたアンブシュア(口の形)、しっかりとした息で吹くと誰でも音は出ます

問題は綺麗な音で吹けるか、歌うように吹けるか、ピッチ(音程)がずれないように吹けるか、です。

いくらなんでもそこまでは一ヶ月では無理です。

ですが山本さんは指の動きやフォームは完璧です。

ドラマが進んでいくにつれ、実際に山本さんが吹いた音が使われてそうな感じに聞こえます。

ちなみによく奏太がよく吹いている曲は「私のお気に入り」という曲です。

ピッチなどのズレを修正した音が使われているのかもしれません。

ちなみに

奏太の息子、長男の光太郎役を演じる加藤清史郎くんは、ピアノを実際弾いているそうです。

さすがに全てではないようですが、わずか三週間でこれはすごいです。

曲は、ショパンの「別れの曲」です。

サックスのメーカーや値段

このドラマの楽器の提供は、石森管楽器さんです。

取り扱いされているサックスを製造するメーカーは8社ほどありました。

その中のどれかなのでしょうが、映像で見ただけではわかりません。

ちなみにアルトサックスのお値段ですが、どんなに安くても20万円はします。(新品の場合)

有名どころはYAMAHAやセルマーです。

セルマーのアルトサックスとなると40万円以上します。

その他メーカーさんでも40万円台は少なく、50万円オーバーがほとんどです。

石森管楽器さんが提供されているとのことなので、10万円そこそこの初心者用のサックスなどはドラマには使用しないと思います。

あくまでもプロのサックス奏者の役なので、いくら山本さんが初心者でも安い楽器は使われていないと思われます。


 

いかがですか?

山本さんもお仕事でお忙しいのに、ここまでサックスが吹けるまでに上達するなんて本当に凄いです。

もう最終回ですが、またサックスを演奏する姿が見られると良いですね♪

関連記事

【OUR HOUSE】最終回予想・ネタバレ・感想―平均視聴率は?

Sponsored Link

 - メディア, 芸能