Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

下村博文の加計学園スキャンダルは嘘?会見動画での元秘書は平慶翔で選挙妨害?

   

東京都議会選挙を目前としたこの時期に、文部科学大臣の下村博文氏のスキャンダルが報じられました。
その内容は『加計学園から200万円の闇献金疑惑』というものです。
このスキャンダルは本当なのでしょうか。それとも真っ赤な嘘なのでしょうか。

緊急会見では『事実無根だ』完全に疑惑を否定しています。

そしてこの会見内で語られた事務所のお金を使い込みクビにした『元秘書』は平慶翔(たいらけいしょう)さんではないかと噂されています。

調査しました。

Sponsored Link

下村氏に闇献金報道

自民党の下村博文幹事長代行を支援する政治団体「博友会」が加計学園から「200万円の違法な献金を受けた疑いがある」、というものです。
週刊文春では下村事務所の内部資料とするデータが公開されています。

不正献金の疑惑がもたれたのは政治資金パーティー券200万円分
政治資金規正法では、政治団体は20万円を超えるパーティー券の購入があった際には、報告が義務付けられています。

ですが「政治資金収支報告書への記載がない」ため、違法の疑いがあると指摘されています。
下村氏によると、
「2013年と14年、加計学園の秘書室長が下村事務所を訪れ、計11の個人・企業から預かってきた各100万円ずつを持参した。1人・1社20万円以下で、それぞれ領収書を渡した」
とのことですが、200万円÷11人=約18万1818円です。

ここもちょっと不自然と言えば不自然なんですけどね・・・。

もしこれがフェイクニュースなら、選挙妨害と言われてもしかたありません。
更に下村氏は記事内容が名誉毀損にあたるとして、週刊文春に対し刑事告訴の準備もしているようです。

下村氏会見動画

Sponsored Link

ここでは疑惑の否定をされていますが、もう一つ気になる部分があります。(動画12分12秒あたり)
それは

『事務所のお金を使い込み、昨年解雇した元秘書が内部情報を漏らしている』

という趣旨の発言です。

さらにこの元秘書は『事務所のパソコンを隠していた』ということも発言していました。

となるとやはりこういったエクセルなどデジタル情報を週刊誌にリークしたのは元秘書である可能性が高まりますね。
ただ、誰が情報を漏らしたかは分からないとのことですが、下村氏は誰かわかっている様子でしたね。

この記者会見を受け、その元秘書が情報漏えいを否定する声明を発表しました。

 1、私が週刊文春側に下村事務所のデジタルデータを提供した事実はない

2、私名義の平成28年8月10日付の上申書は偽造文書だ。文書中の私の住所、氏名などは私の筆跡ではない

3、私が、下村事務所において上申書に記載されているような犯罪行為を行った事実はない

出典:http://www.sankei.com/politics/news/170629/plt1706290028-n1.html

この声明を発表したのが、都民ファーストの会から都議会選に出馬する平慶翔氏なのです。

さて、どちらの言い分が正しいのでしょうか。
ここまで問題となると、平氏は選挙で苦しい戦いとなるでしょうね。

下村氏も『誰』とは明言していませんが、バレバレですね^^;

本当に平氏は下村氏を裏切ったのでしょうか?
だとしたら政治の世界って怖いな・・・と思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は下村博文氏のスキャンダル報道についてお届けしました。

下村氏はスキャンダルを完全否定、そして情報漏えいに関して平氏は完全否定されています。

ではなぜこのような情報が出たのか、そして情報漏えいが平氏でないならば、一体誰が漏えいさせたのでしょうか・・・。
どちらかが嘘をついているか、はたまたどちらも本当のことを言っているのでしょうか。

謎が深まるばかりです。

はっきりさせて欲しいですね。
続報があり次第お伝えします。

Sponsored Link

 - ニュース