Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

年末の大掃除はコツを掴んで簡単、効率的、計画的に!キッチン編

      2015/12/29

今年もこの季節がやってきました。

そう、「大掃除」です。

考えただけでも気が重くなります。笑

そんな大掃除を効率的に簡単にやっていきませんか?

そのコツをまとめてみました。リビング編はこちら お風呂編はこちら トイレ編はこちら

Sponsored Link

換気扇編

今回は大掃除の中でも中々大変であるキッチンの大掃除についてです。

一番大変な換気扇(シロッコファンタイプ)からお掃除していきましょう。シンクを使うので、シンクを掃除する前に、一番にしておきましょう。

まずは準備するものです。

準備物

  • ゴム手袋
  • メガネ(目に洗剤が入らないようにするため)
  • 柔らかいスポンジ
  • 洗剤(アルカリ性)重曹でも可
  • 柄の付いたブラシ(使い古した歯ブラシでも可、細かい部分で役立ちます)
  • シロッコファンが入るバケツ
  • マドラー
  • 布(目の細かいもの)数枚
  • キッチンペーパー(ラップでも可)
  • 割り箸

手順

  1. まず換気扇を外します。※この際は必ず電源を切ってコンセントを抜いておきましょう。
  2. シロッコファンを迷わず40度のお湯と洗剤をまぜたバケツの中に投入します。重曹の場合はお湯2:重曹1の割合です。
  3. 次にレンジフードの中です。汚れがひどい場合にはキッチンペーパーと洗剤を使っての湿布法がおすすめです。(洗剤をふりかけて、その上からキッチンペーパーを貼り付けるだけです。)少し時間をおきます。
  4. つけ置きしている間に他の細かいパーツを掃除していきます。この時はお湯を使用しましょう。油汚れがゆるみます。傷がつかないように柔らかいスポンジを使用しましょう。
  5. 隙間などを掃除するときは割り箸に布をあてて溝にそって拭いていきましょう。
  6. 1時間ほどつけ込んでいたシロッコファンを掃除していきます。ここでこびりついたひどい油汚れをマドラーなどの硬い細い棒でこそぎとります。後はブラシでこすって汚れを落とします。
  7. 汚れた水を捨て、新たに洗剤とお湯をバケツ入れてその中でブラシでこすって残りの細かな汚れを落とします。
  8. お湯で流してシロッコファンは完了。
  9. 換気扇の外側は洗剤で塗らした布でふき、そのあと乾拭きします。
  10. 換気扇のパーツをよく乾かしてから取り付けて、完了です!

少し時間はかかりますが、汚れた換気扇のままその下で調理していると、積もり積もった汚れがそこに落ちてくるということもありえます。

あまりにも汚れている場合は、重曹ではなかなか落ちない場合もありますので、程度を見て使ってください。

ガスコンロ編

換気扇をつけ置き洗いしている間に、ガスコンロも綺麗にしてしまいましょう!

準備物

換気扇のときと同じです。

焦げ付きの汚れがひどい場合はクレンザーを準備してください。

手順

  1. 受け皿、五徳を洗剤で歯ブラシなどを使って磨きます。汚れがひどい場合には、換気扇同様、お湯と洗剤(もしくは重曹)を混ぜたものにしばらくつけ込みます。その後に磨いてください。
  2. 汚れをお湯で流します。
  3. ガス台も汚れがひどい場合は湿布法がおすすめです。洗剤をふりかけて、その上からキッチンペーパー(ラップ)を貼り付けて放置です。
  4. 水ぶきしたあと乾拭きします。
  5. 焦げ付きにはクレンザーを使います。
  6. パーツをよく乾拭きなどして乾かしてとりつけて完了です。

焦げ付きはなかなか頑固な汚れなので、焦げ付く前にこまめに掃除すると楽になります。

調理し終わって少し熱が残っている状態で掃除をすると、油汚れが浮いているので、汚れがとれやすいです。

魚焼きグリルもこの方法でお掃除していきましょう。

IHクッキングヒーターの焦げ付きの落とし方はこちら

シンク編

シンクは油汚れや水垢が主な汚れです。

なかなか汚れが落ちないので硬い素材のスポンジやブラシを使いがちですが、傷が付きやすいので布やスポンジなど柔らかい素材のお掃除道具を使いましょう。

準備物

  • ふきんや柔らかいスポンジ
  • ゴム手袋
  • キッチンペーパー(ラップ)
  • 重曹、中性洗剤(油汚れに効果)、クエン酸(水垢に効果)、塩素系漂白剤(ひどいぬめりや臭いに効果)
  • 使い古した歯ブラシ

手順

  1. シンク全体を水で濡らします。
  2. 重曹、もしくは中性洗剤でやさしく磨いていきます。くすみがある場合はクリームクレンザーを使ってやさしく磨きましょう。※必ず一定方向に磨いてください。蛇口部分も忘れずに。
  3. それでも汚れが落ちない場合はクエン酸スプレー(水400ccにクエン酸小さじ2)をつかって汚れを落とします。汚れがひどい場合はスプレーした後、ラップやキッチンペーパーをかぶせて少し放置してからスポンジで優しくこすって落とします。※酸性なのでゴム手袋を使用しましょう。
  4. 排水溝のごみを捨て、菊割れゴム・ゴミ受けカゴ・排水カバーを水で薄めた塩素系漂白剤につけこみます。※酸性の洗剤と混ぜないように気をつけてください。先ほど使ったクエン酸は酸性なので、間違って混ぜ合わせたり一緒に使ったりしないようにしてください。
  5. 汚れが緩んできたら、歯ブラシなどで細かい部分の汚れを取り除きます。
  6. お水でよくすすぎます。
  7. 最後にシンク全体、排水溝のカバーなどのパーツ、蛇口まわりなど綺麗に乾拭きします。
  8. パーツを元にもどして完了です。

排水溝のパイプの汚れを落とす塩素系の洗剤は、他の塩素系の洗剤と混ざると危険な場合もあるので、別の日に掃除するのが安全かと思います。

まとめ

いかがですか?

頑固な汚れには基本的に「つけおき」洗いが有効です。

重曹は油汚れクエン酸は水垢などの水回りの汚れに有効です。

あまりに汚れている場合は一緒に塗装もはがれてしまうこともあるので注意が必要です。

ひどくなる前に掃除をして、ぴかぴかの状態で素敵な新年を迎えましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

赤く変色したお風呂(浴室)の床…赤カビじゃない「赤錆」と落とし方

Sponsored Link

 - 生活