Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

端午の節句の日の料理には簡単なアレで決まり!おかずにはぜひ筍を♪

   

端午の節句には何を食べますか?

ちまきですか?デザートにはもちろん柏餅ですよね。

ですがちまきを作るのは難しそうですよね。そんなあなたにはあの簡単で子どもも大喜びなレシピを紹介します。

そしておかずにはぜひ筍を食べてください。その理由は後半で!

Sponsored Link

メインディッシュにはちらし寿司

え?ちらし寿司は桃の節句では?と思ったそこのあなた。

ちらし寿司というのはお祝いの席に食べるもので、桃の節句だけのものではないんです。

端午の節句も立派なお祝いの席です。

寿を司る、と書いて寿司。とても縁起が良いものなのです。

なんと見事なちらし寿司でしょう!

食卓にこんなちらし寿司が出てきたら子どもたちも大喜びです。

ちらし寿司

cookpad

かにかまで簡単にこいのぼりを作っても良いですね。

おかず

おかずには筍を、と前述しました。

筍(たけのこ)はこの時期でとても美味しいものです。

子どもが自然の竹のようにまっすぐ元気に育つように、という願いを込めてこの日に食べられるものです。

まさにもってこい!な食材なのです。

柔らかい部分はスープでどうぞ。

具だくさんのたけのこスープ

スープだと好きな具を入れられるのでいいですね。

ちなみにたけのこのアクの抜き方です。

こちらの記事もどうぞ→たけのこにアレルギー?喉がイガイガする原因とはーアク抜きの大切さ

デザート

デザートにはもちろん柏餅ですよね。

柏餅を包んでいる柏の葉は昔から神聖な木とされています。

そしてこの木は新しい芽が出るまでは古い葉は落ちません。このことから「子どもができるまで親は死なない」とされ子孫繁栄の意味を持つようになりました。

柏餅は手作りでももちろん良いですが、なかなか柏の葉は見かけないですよね。出来合いを買ったほうが早かったりします。笑

こいのぼりケーキなんかも可愛くておすすめです。

出来合いのロールケーキにアレンジを加えても◎


 

いかがですか?

端午の節句はいつもより豪華な食事でお祝いしましょう!

簡単な料理でも、子どもたちが喜んでくれればそれだけで十分です♪

あなたにおすすめの記事

【折り紙折り方】こいのぼりを立体に可愛く♪簡単に窓際や玄関に飾ろう

Sponsored Link

 - 生活, 行事、イベント