Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

ベッキー不倫認めた?週刊文春への直筆手紙、その内容とは

      2016/11/13

今年はじめの不倫騒動で、渦中のベッキーさんから週刊文春編集部へ直筆の手紙が届いたそうです。

その内容とは一体どんなものになっているのでしょうか。

さらなる波紋を呼ぶのでしょうか。

Sponsored Link

直筆の手紙

ベッキーが所属する事務所「サンミュージックプロダクション」の代表取締役社長である相澤正久さんによって直接手渡されたといいます。

この地点で事務所的にはベッキーさんを早く復帰させたい思いが強いように感じます。そして事務所の誠意を表しているようにも思えます。

最新の週刊文春5月5日・12日合併号に手紙の全文が掲載されます。

不倫を認めた発言のようなそうでないような・・・。

なんだかうまくぼかされている気がします・・・。

この手紙を読んで「あざとい」と感じる人が多いことも納得してしまいます。

不倫していないのか?

「恋愛感情」はあったが、不倫関係にはなっていない、と釈明するのかと思いきや、「恋愛関係」であったことを告白しています。

なぜ友達だと言い張ったのでしょうか。

流出したLINEの内容を否定することもなく、なぜ今まで黙っていたのでしょう。

川谷さんへの思いが強すぎて周りが見えてなかった、とのことですが、言い訳にするにしても事実だとしてもなんとも幼いような気がしてなりません。

この大幅ダウンしてしまったイメージをどう払拭するのでしょうか。

復帰するのはとても困難に思えますが、どう乗り越えるのでしょうか。

なぜ今真相告白?

「文春さんで奥様が話された記事を読み、そこで初めて奥様のお気持ちを知り、自分の気持ちの整理がつきました」

と綴られていることから、川谷さんの奥様に対しての謝罪の気持ちを文春さんを介して伝えたかったのでしょう。

でもなぜ文春さんを介してなのでしょうか。

川谷さんと奥さん、ベッキーさんの3人での話し合い(謝罪)をする案はあったのですが、ベッキーさんはこれを拒否しました。

奥さんとの一対一の話し合い(謝罪)を望んでいたようですが、これを奥さんが「とても向き合える状態ではない」と拒否をしたようで、未だ謝罪の場が設けられていない、ということです。

なのでこのような間接的な謝罪になってしまったようです。

2人の不倫をすっぱ抜いたのも、奥さんのインタビューも文春さんでしたので、やはり文春さんしかないのでしょうね・・・。


 

世間に一度ついた悪いイメージは、おそらくよっぽどのことでないと払拭できません。

復帰はまだまだ先のことになりそうですね。

あなたにおすすめの記事

ベッキーはなぜ嫌われるのか?その理由、一方で好かれる理由3つ

言霊の力は存在する!?負の言葉は負を引き寄せる!?引き寄せの法則

Sponsored Link

 - ニュース, メディア, 芸能