Topic labo

毎日のスキマ時間を有意義なものにできるメディア。

桂歌丸さん笑点司会引退の理由ー持病悪化が原因?後任の司会者は誰?

      2016/11/13

桂歌丸さんが笑点の司会を引退することを発表しました。

その理由とは一体何なのでしょうか。

司会者の後任にも注目してみました。

Sponsored Link

桂歌丸さん

1936年8月14日生まれ、神奈川県横浜市出身の言わずと知れた落語家の方です。

1966年から放送が開始された「笑点」の初期から大喜利メンバーとして活躍されていました。

2006年からは5代目司会者に就任しました。

2016年4月30日、5月22日の放送を以て司会者を勇退することを発表されました。同時に番組初の終身名誉司会に就任することとなりました。

引退の理由

体力の限界なんですね。歩くことが大変に苦しいんです。それと、歩くと肺気腫を患ったために息切れがしてしまう。これ以上続けていきますと、今までだってずいぶんスタッフの皆さん、仲間の皆さんにご迷惑をかけましたので、それ以上の迷惑をかけてはいけないと 出典:http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/04/30/0009039086.shtml

とインタビューで語っており、「体力の限界」を理由に引退を決意したようです。

50年にも亘る喫煙により肺気腫を患っていた歌丸さん。

2009年には慢性閉塞性肺疾患と診断されており、これによる影響が大きいようです。

後任の司会者

引退に伴い、後任の司会者が誰になるのか、ということにも注目が集まっています。

  • 三遊亭 円楽
  • 林家 木久扇
  • 三遊亭 小遊三
  • 三遊亭 好楽
  • 林家 たい平
  • 春風亭 昇太

現在の大喜利メンバーの中から選ばれるのでしょうが、一体誰になるのでしょうか。

公式にはまだ「検討中」だそうです。

予想で一番多く見受けられる方は三遊亭 円楽さんでした。

次いで好楽さんや小遊三さんでした。

意外と(?)昇太さんの名前も多く上がっていました。

そして司会も気になるのですが、そうなると新規に入られる大喜利メンバーも気になりますね。


 

50年という長い歴史を持つ笑点。歌丸さんはその放送開始からのメンバーということで、誰もが知る「レジェンド」的存在でした。

勇退の声に惜しむ声が続出しています。

ひとつの時代が終わったようにも感じます。

ですが歌丸さん自身は噺家を辞める、ということではないのでそこがまだ救いかな、と思います。

笑点の直前に放送されている5分番組「もう笑点」にはこれからも出演されるということです。

これからも、お体に気をつけて活躍なさって欲しいですね。

Sponsored Link

 - ニュース, メディア, 芸能