コードブルー3の5話感想と視聴率|脚本が面白くない?脚本家は誰?

コード・ブルーの3期の5話が放送されました。

冴島さんが倒れたときは本当に目が離せませんでした。

週を増すごとに脚本家さんへの批判が集まっているようですが…?
あなたはどのような感想を抱きましたか?

コード・ブルー3期の5話感想と視聴率についてお届けします。

Sponsored Link

コードブルー5話の感想

皆さんの反応と感想を交えながらお届けします。

緋山先生がいてくれたけれども…残念な結果になってしまいました。
冴島さんは『子宮経管無力症』と診断されていました。
全妊娠の0.05%~1%の確率で発症するとのことです。
原因はよくわかっていないのがこの病気です。
この間の「シアン化合物」が原因ではないと思われます。

関連記事:コードブルー3話の感想と視聴率|シアン化合物の臭いや胎児への影響は?

これは…脚本家が変わったことでの影響でしょうか^^;

緋山先生たちもそうですが、藍沢先生の何気ない気遣いも良かったです。

途中、名取先生にイラっとしましたがw、最終的に謝れて良かったです。
なかなかあの態度から謝るまでには至らないと思います。
ちゃんと自分と患者さんに向き合えた証拠です。

Sponsored Link

脚本家に賛否両論

ちょっと医療系のドラマから少しかけ離れてきたようにも思いますね。

人間模様を描くことに注力しているように感じますね。

脚本家は

コード・ブルー3期の脚本家は安達奈緒子さんです。
月9枠を担当することの多い脚本家さんですが、医療系の脚本はこれが初めてのようです。

先週の緋山先生の不倫愛に走りそうになっていた下りでは悲鳴も聞こえていたようですね^^;

まぁ、今週離婚しましたが。
脚本のアラを次の週で修復しているような印象もありますね。

ただ、これからの流れによっては評価が変わるかもしれません。

命の大切さを感じる場面はたくさんあるので、あまり1期や2期と比べる見方はしないほうが面白いのかも?とは思います。

コード・ブルー3の5話の視聴率

まだ発表前なので予想してみたいと思います。

4話の視聴率が13.8%という下がりはしましたが、高視聴率でしたのでこれを保ってくると予想します。

少し上がって欲しいということで15%台だと予想します!

これ以上落ちることはないよう願っておきます!

発表されました!

13.8%となりました。
4話と全く同じになりました。

コード・ブルー3の見逃し配信

5話の冴島さんのことは…本当に泣けましたね…。

『え!!見逃した!!』

というおっちょこちょいさんでも大丈夫です^^

FODは今なら一か月お試し無料で登録できます。
見ようかどうか迷っていたけどやっぱり見ようかな、と思った方にもおすすめです。

今までの放送分もまとめて見られるのも良いですね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はコード・ブルー3期の5話の感想や視聴率についてお届けしました。

毎週毎週、本当に目が離せません。

次週も楽しみです!

4話の感想はこちら!コードブルー3の4話感想と視聴率|奏と冴島は助かる?ネタバレ予想

コード・ブルー3期の関連記事

コードブルー3のロケ地は鹿沼や茂原!翔北病院の撮影場所はどこ?山Pの目撃情報も

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る