松森俊逸がかつら疑惑否定|本当にハゲてない?プロフィールや生年月日と画像

豊田真由子議員の政策秘書に、現役町議会議員の松森俊逸氏が就くことが分かりました。

青森県板柳町の町議会議員との兼任で問題となっていますが、世間の人はそれ以外にもその髪型に注目しているようです^^;

微動だにしない髪の毛…それゆえにかつら疑惑が浮上。
しかし!本人は否定しています。

『本当にハゲてない?ヅラじゃない?』と疑う方も多いかと思います^^;

今回はプロフィールや生年月日と共に、画像で検証したものをお届けします。

Sponsored Link

松森俊逸氏のプロフィールと生年月日

松森俊逸(まつもり しゅんいつ)氏は青森県出身で、青森県板柳町の町議会議員を務めています。

生年月日は1956年1月16日です。
現在61歳です。

2002年に青森県議会議員の補欠選挙で無投票当選。
しかし翌年の2003年の統一地方選挙で県議会議員選挙に出馬するも落選します。

そして2007年、2011年、2015年に青森県板柳町の町長選挙に出馬するも立て続けに落選。

2008年と2016年の町議会選挙には当選しています。

しかし2017年に豊田真由子議員の政策秘書に就くことがわかり、来月にも辞職勧告をされるのではないかと言われています。

そうなると県議会議員という職を失う上に、来月解散が噂される衆議院で、次の選挙で当選するわけもない豊田議員の秘書になっても、、、一気に無職になってしまうことになります^^;
もしかして勝算があるのでしょうか…?

そもそも県議会議員との兼任に至った経緯としては、現在豊田議員の公設第一秘書である松森氏の妻から『パパ助けて』というSOSをもらったから、ということらしいのですが…。

夫婦共倒れにならないことを祈ります^^;

Sponsored Link

松森俊逸氏はカツラ?画像検証

本人が改めてヅラ疑惑を否定されました。

ですが…

違和感感じますね。

これは少し若いときのお写真でしょうか。
この時はまだ自然に見えます。

生え際があまり見えないのもヅラ疑惑の1つの原因ですね。
ですがよく見るとおでこの生え際の真ん中部分は地毛に見えます。

ここからは推測となりますが、おそらく松森氏はM字ハゲだと思われます。
M字に薄くなっている部分を、生えている部分の髪を伸ばして上にかぶせる形になっているので、不思議な見た目になっているのだと思います。

本人いわく「スプレーで固めているだけ」とのことです。

髪がスプレーで固められているために全く動きがないため、さらにヅラ疑惑が加速しているのですね^^;
あともう一つは真っ黒に黒染めしているからでしょう。
歳のわりに真っ黒すぎるのも不自然に見える原因の一つだと考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は松森俊逸氏のプロフィールとヅラ疑惑についてお届けしました。

どうやら地毛なのは本当のようです。

ちょっと髪の毛が薄くなっている部分や白髪を隠したい気持ちはわかりますが、人間年相応の見た目にした方が自然に見えますし、その方が素敵に見えることだってあります。

人前に出るお仕事なら、見た目も気にしたいところです。

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る