NoisyCellライブ11/6高松DIMEセトリ&ライブレポ

noisycellsine

NoisyCell”Sources” Release tourライブレポート

2015.11.6 in高松DIME

セトリとライブレポートです。

NoisyCellとは何ぞやという方はこちら

注:ここではNoisyCellのことのみ書いています。あしからず。

Sponsored Link

セトリ

  1. Rain of Hope
  2. CONTINUE?
  3. Deep Blue
  4. Your Hands Grasping Even Yourself
  5. Innocence
  6. Pool of Water
  7. Noah
  8. Birth

はじめからぶっ飛ばしてくれました。

観客もぶっ飛びました。

でもInnocenceのように聞かせる楽曲も絶妙なタイミングで組み込まれていたりと、緩急ついた飽きないセトリでした。

Your Handsというミニアルバムからの楽曲が多かったです。

レポート

お客さんの年齢層は20代の方が最も多い感じでした。男女比は6:4くらいだったと思います。

音源とは比にならない程の迫力、メンバーのオーラに圧倒されました。

演奏技術と歌唱力は抜群に良く、特にRyosukeさんのハイトーンボイスには感動です。それぞれの音のバランスも良く、違和感0でした。(当たり前かもしれませんが)

でもそれがバンドとしてまず大事なことだと思っています。

たまに「心さえ入ってればへたくそでも音楽を通して気持ちは伝わる」とか聞くのですが、そんなことは一切ないと思います。

技術は大事です。パフォーマンスも大事です。観客を無視した演出も好まれません。

NoisyCellはちゃんと私たちに気持ちを伝えてくれました。

素敵な音とともにちゃんとそれぞれに伝わりました。同じステージで同じ日に対バンしたバンドの方たちも皆そうでした。

やはり生の音に触れるのが1番だと思います。バンドとオーディエンス、会場全体が一体になれる瞬間はライブしかありません。

耳で、目で、体で、全身で感じることが本当に音楽を楽しむことだと思います。

ちなみに

noisycellticketこちらはドラムのKiyoshiさんとボーカルギターのRyosukeさんのサインです。

物販のところにいらっしゃったのでCDとTシャツ、ステッカーを購入する際にお願いしました。

お二人ともとても気さくな方で快くサインしてくださいました。

宝物です。

最後に

このライブを通じてもっともっとNoisyCellは凄いバンドになるだろう、と感じました。

まだまだこのライブツアーは続くようなので、行ける方は是非足を運んでみては。絶対後悔しないはずです。

また、行きます。

NoisyCellライブスケジュール

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る