子供の頭にかゆいシラミ!プールや温泉で大人にも感染、うつる!?

主にこどもの間で流行する「シラミ」。

頭をかゆがったり、最近フケが増えた?と思ったら実はシラミだった!ということが少なくありません。

ここでは主に「アタマジラミ」について感染経路、大人にもうつるのか、などまとめてみました。

Sponsored Link

「アタマジラミ」の感染経路・原因

こどもの間で流行ることが多いアタマジラミ。主な感染経路・原因以下のとおりです。

  • 頭と頭をくっつけあって遊ぶ
  • 床や地面に転がりながら遊ぶ
  • 保育園等の集団で昼寝する、シーツを共有する
  • 女の子同士で、一つのくしを共有する
  • 頭のケアが自分ひとりでできない

こどもの間で流行るのも納得ですね。中には体育の授業でつかう「体育マット」でうつることもあるようです。

大人はなかなか他人の頭に触れたり、くしを共有することがないので感染することは少ないです。

しかし大人に感染しない、というものでもなく、以下のことでも容易に感染してしまします。

大人の「アタマジラミ」の感染経路・原因

  • 電車やバスの中で、髪と髪が触れ合うほど混雑している中に入ったとき
  • 感染者と寝具(枕やシーツ)を共有したとき
  • 感染者が使った頭をふいたタオル、マフラー、帽子、くし、クッションを共有したとき

こういった場合は大人でも子どもでも関係なく感染します。

子どもがアタマジラミに感染した場合、一緒に暮らしている両親や祖母、祖父にも感染した、という話も少なくありません。

寝具やタオル、くしなどを共有してしまいがちなことが原因です。

そしてよく「プールで感染した!」「銭湯で感染した!」と聞きますが、あれは水やお湯を介してうつるのではなく

感染者が使ったタオルや脱衣カゴ、ロッカーを共有することでうつるのです。

頭と頭が触れ合ったり、物を介したりしてうつることがほとんどです。感染者の頭を手で触ったくらいではうつりません

ノミのように飛んだり跳ねたりもしないので、そのあたりに散らばってそこからうつる、ということもありません

ですが、一度感染すると短期間でどんどん増えていきます。こどもがシラミに感染していることがわかったら、すぐ対策していきましょう。

まとめ

  • プールや温泉、銭湯では水やお湯を介してうつることはない
  • タオルやロッカーを介してうつる
  • 子どもだけではなく大人にもうつる
  • シラミが感染したらその家族も気をつけなければならない

アタマジラミは1年中発生しています。子どもの場合、いつどこで感染するかわかりません。常日頃から子どもの頭皮の状態をチェックしてあげましょう。

次の記事では「アタマジラミ」の対策法、予防法について紹介します。

シラミ(アタマジラミ)の予防・対策・退治(駆除)・治療法、期間

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る