年末の大掃除はコツを掴んで簡単、効率的、計画的に!お風呂編

今年もこの季節がやってきました。

そう、「大掃除」です。

考えただけでも気が重くなります。笑

そんな大掃除を効率的に簡単にやっていきませんか?

そのコツをまとめてみました。トイレ編はこちら キッチン編はこちら リビング編はこちら

Sponsored Link

お風呂編

骨の折れるお風呂場。ここは湿布法で長時間放置して一気に流すと楽ですよ!

準備物

  • マスク
  • メガネ(塩素系漂白剤を使うのでゴーグルの方が効果的)
  • ゴム手袋
  • フローリングワイパー
  • キッチンペーパー
  • ラップ
  • 重曹
  • クエン酸(塩素系漂白剤と一緒に使用しな
  • 塩素系漂白剤(クエン酸やお酢と一緒に使用しない
  • エタノール
  • スポンジ
  • 歯ブラシ

手順

カビ取り剤や漂白剤を使用する際は十分換気をしましょう。

  1. まず換気扇を掃除しましょう。取り外しできるものとできないものがあるので、難しい場合は業者さんにお願いするのが安全かと思われます。(面倒だからと放置するのは身体によくありません)
  2. 重曹水を作って、換気扇のカバー、シロッコファンをつけこみ、汚れが浮くまで長時間放置しましょう。あとはブラシでこすって綺麗に流しましょう。
  3. 換気扇をよく乾かして取り付けたら、次は天井です。フローリングワイパーにエタノールを染み込ませたキッチンペーパーを取り付け、天井を拭いていきます。水ぶきは不要です。※カビがひどい場合は、エタノールではなくカビ取り剤を使いましょう。天井からの液だれに気をつけてください。念のためにゴーグル着用をオススメします。少し時間を置いた後、シャワーで洗い流すか、よく水ぶきをしてください。その後乾拭きも忘れずに。
  4. 壁や扉(窓)も同様に掃除していきます。赤いヌメヌメにはエタノールが有効です。エタノールを含ませたキッチンペーパーを赤いヌメヌメに10秒あて、ブラシにエタノールをつけこすって洗い流すだけです。黒カビがひどい部分はカビ取り剤、もしくは塩素系漂白剤を使用します。黒カビに吹き付けたあと、ラップをします。空気にふれたままだと黒カビは死滅しないので、カビの根を完全に断つために半日以上放置します。あとは水で流すだけです。ブラシでこすってもいいのですが、傷がつくとまたそこからカビが生えやすくなるので注意が必要です。※ゴムパッキンの部分は、ゴムの劣化を防ぐために20~30分で洗い流してください
  5. 黒カビ対策中に浴槽と小物を同時に長時間浸けこみ放置します。浴槽にお湯を半分ほどはり、重曹をカップ1/2ほど入れ混ぜたその中に、洗面器やイス、蓋、こどものお風呂場用おもちゃなど浸けこみ長時間放置します。そのあとはこすりながら洗い流し、浴槽もその重曹水を使ってスポンジでこすり洗いして終了です。
  6. 排水溝は髪の毛などのゴミを取り除いたあと、重曹をふりかけ放置でも構いませんが、汚れがひどい場合は塩素系漂白剤を使いましょう。細かい部分は歯ブラシを使って磨き、水(お湯)でよく流します。
  7. 鏡や蛇口まわりの水垢の掃除にはクエン酸を使用します。カビ取り剤と同時に使用するのは危険なので、別の日に掃除するのが安全です。クエン酸スプレー(水400ccにクエン酸小さじ2)をつかって汚れを落とします。汚れがひどい場合はスプレーした後、ラップやキッチンペーパーをかぶせて少し放置してからスポンジや歯ブラシで優しくこすって落とします。※酸性なのでゴム手袋を使用しましょう。
  8. 鏡にはクエン酸の他にも、エタノールで拭きあげる、ダイアモンドパッドなどの研磨剤を使って磨く、ジャガイモの皮で磨くなどの方法があります。
  9. 最後に床を、壁と同様に掃除します。カビ取り剤を使用する場合は、クエン酸と同時に使用するのは危険です。蛇口周りでクエン酸を使用したのなら、別の日か、しっかり洗い流してから使用するようにしましょう。
  10. 最後に隅々まで水分をふき取って完了です!防カビ用の勳煙剤を仕上げに使うと尚goodです。

まとめ

  • 人の垢や排水溝のぬめりには重曹
  • 水垢にはクエン酸
  • カビ、赤いヌメヌメにはエタノールや漂白剤

というように、汚れの種類によって使う洗剤を使いわけて効率的にお掃除してしまいましょう!

素敵な新年を迎えられますように…♪

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

赤く変色したお風呂(浴室)の床…赤カビじゃない「赤錆」と落とし方

IHに付いた焦げ付きの落とし方(取り方)、掃除方法!原因と防止策

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る