台風18号(タリム)の強さやピークは?今後の進路予想図|連休に九州~中国四国に直撃か

台風18号が当初の進路を変え、日本の本州に近づいています。

3連休に列島を縦断すると見られています。

この連休にお出かけの予定もあった方も多いのではないでしょうか。

ということで気になるのは台風18号の進路や勢力。
今後の進路予想図と共にまとめました。

Sponsored Link

台風18号の強さとピーク

台風18号(和名:タリム)が3連休にかけて九州や四国、中国地方に近づく予報が出ています。

台風の強さ(勢力)は13日の夜には『非常に強い』となりました。

ピークはこれから16日(土)になっても勢力は『非常に強い』ままです。
17日(日)にかけて勢力は弱まりますが、雨風はとても強いので、十分な警戒が必要です。

ピークは過ぎても勢力は強いままです。

その強い勢力のまま、上陸する可能性があります。

ピーク時の中心気圧は950hPa、最大瞬間風速は60m/sです。
猛烈な風の強さです。


絶対に外になんか出られません^^;

宮古島では最大瞬間風速50m/s以上を観測しました。
木々は折れ、外に出られる状況では全くありませんでした。

また、全面に前線があるので、大雨になりやすい台風となっています。
風だけでなく、大雨にも注意が必要です。

台風18号の今後の進路予想図

16日15時までの進路予想図です。

出典:気象庁

今後予報が変わる可能性もあります。
予報円が大きいことが、いかに予想するのが難しいのかを物語っています。

予報円に台風の中心が通る確率はこのように発表されています。

出典:気象庁

今後、3連休の進路は日本列島直撃の予想です。

出典:気象庁

予報は変わることもあります。
最新の情報が入り次第こちらでも紹介します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
台風18号の強さやピーク、今後の進路図についてお届けしました。

貴重な三連休に日本列島に直撃とは…残念ですが、台風が近づく地域の方は今後の情報に気を付けて、むやみに外に出ないなどの対策をきちんとしておきましょう。

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る