2017年の中秋の名月はいつ?満月になるとは限らない話と楽しみ方

毎年旧暦の8月15日のお月さまは中秋の名月と呼ばれています。

しかし必ずしも満月になるとは限らないことをご存知でしたか?。

気になる今年(2017年)の中秋の名月は満月なのでしょうか。

中秋の名月の時期と楽しみ方をまとめました。

Sponsored Link

2017年の中秋の名月

月

今年の中秋の名月は

10月4日(水曜日)です。

今年は9月ではないんですね。
ちょっと遅めです。

そもそも中秋の名月とは、旧暦の8月15日のお月さまのことです。
旧暦の秋は7月~9月で、その真ん中である8月15日は中秋と呼ばれています。

昔の人は秋に見える月が一番きれいだとして、秋の真ん中である旧暦8月15日に月を愛でるようになりました。

秋分の日から一番近い朔日(新月)の日が旧暦の8月1日です。
そこから14日後が中秋(旧暦8月15日)です。

今年で当てはめてみると、秋分の日は9月23日で、そこから近い新月の日は9月20日
その14日後を見てみると10月4日となりますね^^

今年はうるう月が入る年なので10月になったようです。実は閏5月があったんです。(知らなかった~^^;)

ちなみに来年はうるう月がないので9月に中秋の名月が見られます。

Sponsored Link

満月になるとは限らない

今年の中秋の名月は満月ではありません。

驚きですよね。てっきり満月かと思っていました。

なぜ満月にならないのかと言うと、

新月から新月までの期間は約29.5日なので満月までは

29.5÷2=14.75日

となります。

なので新月(朔日)から15日目に満月がくるとは限らないのです。
厳密に言うと満月の時間は分単位で決まるので、満月になるタイミングによっては15日後に満月になったりもします。(難しいですね^^;)

約14.8日後に満月になるので、実際は旧暦8月15日より後に満月がくることが多いのです。

今年も10月4日が中秋ですが、満月はその二日後の6日という風にずれています。
厳密に言うと6日の午前3時40分が満月です。

二日のずれなので10月4日(月齢13.9)にもほぼまん丸なお月さまが見えます。

2017年の中秋の名月の楽しみ方

2017年10月4日の月の出時刻は東京で17:01です。

暗くなる時刻には大分月も昇って南側にあります。

ちょうど夕飯時ですので、この日は月が見える場所で食事を楽しんではいかがでしょうか。
お庭やベランダ、窓際に近いところにお月見席を作って、部屋の明かりは消すか暗めにして、月明かりを楽しめるようにしましょう!

ちなみに、一番高い位置にくる正中の時刻は22:57です。

お月見団子をお供えするのもいいですね。

簡単なのでぜひ手作りしてみてはいかがでしょうか。
きな粉で食べたり砂糖醤油で食べてみたり、あんこで食べてみたり・・・!
普段あまりお団子を食べない方はいろいろとアレンジして楽しむのもアリですね^^

関連記事:【中秋の名月】十五夜のお月見夕食メニュー・献立例!簡単レシピも

そして日本酒や焼酎など、日本生まれのお酒を飲む「月見酒」なんかもいいですね。
綺麗な中秋の名月をお酒に映してから飲むとパワーを貰えるかも?しれません。

普段よりちょっと高価なお酒をお月さまを相手に飲むのもなかなか風流ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は2017年の中秋の名月はいつなのか、そしてその楽しみ方についてお届けしました。

秋の風を感じられる&空気の澄んだこの時期に、お月見を楽しみましょう!

あなたにおすすめの記事

【十五夜】中秋の名月の食べ物の話―お供え物にはおだんごや里芋を

【中秋の名月】十五夜のお月見夕食メニュー・献立例!簡単レシピも

【スピリチュアル】秋分の日の過ごし方4つ!春分の日との意味の違いとは

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る