お月見十五夜飾りを折り紙で手作り!簡単なうさぎ・お団子・月の折り方

すっかり秋らしくなってきましたね!

秋と言えば中秋の名月(十五夜)と言われるように、月が美しい季節です。

もっとお月見が楽しくなるよう、十五夜の飾りをお家・お部屋の中でも楽しんでみませんか?

簡単に折れる折り紙で、秋というこの季節を楽しみましょう!

Sponsored Link

うさぎの折り方

十五夜と言えばこの曲が思い浮かびませんか?

そう、十五夜にはうさぎは欠かせません。

うさぎ(平面)

壁に貼って飾る場合です。

最後は顔を描いてもいいですね。

折り紙を二枚使うので、少し大きめのうさぎが作れます。

うさぎ(立体)

壁に貼らずにそのまま置いて飾れます。顔だけのうさぎです。

体がある折り方です。↓

三方・お団子の折り方

三方とは、お団子を入れる台のことです。

三方とお団子(平面)

ハサミが必要です。

三方(立体)

お団子

ポンポン

100均にこのようなポンポンが売ってありますので、三方の大きさを見て買ってくっつけても良いです。

時間と道具があればフエルトでちまちまと団子を作っても良いですね。

お水で少し濡らすと簡単に固まります。

他にもお団子は紙粘土やアルミホイルでもできます。

Sponsored Link

月の折り方

平面の月は黄色い折り紙を丸く切れば終わりです。コンパスを使って綺麗な円を描き、それに沿って切るとより綺麗にできます。

立体の月はつるす必要があるので、難しいでしょう。作るとしたら、毛糸でポンポンを作ると良いかもしれません。

関連記事:【動物ぽんぽん初心者編】100均の毛糸でしろくまを上手く作るコツ

月の中に、小さな黒いウサギを折って貼るとお月見らしくなりますね。

月ウサギ

ススキ・花瓶の折り方

ススキの折り方

①縦半分に折ります。

②そのまた半分に折ります。


③上から1/4の部分にハサミで切り込みを数箇所入れます。(間隔を狭めに切るとgood)


④開いて、色が付いている方が上になるように下から切り込みのところまでこよりを作るように斜め上方向に巻き上げます。


⑤セロテープorのりで止めてできあがり。

花瓶(立体)の折り方

ススキ・花瓶(平面)の折り方

草花はお庭に咲いている、生えている本物でも良いですね!


いかがですか?

常に目に付くリビングや玄関などに飾って、お月見気分を堪能しましょう!

ハロウィンの折り紙はこちら↓

ハロウィンは折り紙で飾りつけ♪かぼちゃ・魔女・おばけの簡単作り方

関連記事

2016年の中秋の名月はいつ?満月になるとは限らない話と楽しみ方

【十五夜】中秋の名月の食べ物の話―お供え物にはおだんごや里芋を

【中秋の名月】十五夜のお月見夕食メニュー・献立例!簡単レシピも

【スピリチュアル】秋分の日の過ごし方4つ!春分の日との意味の違いとは

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る