明日の約束1話の感想と視聴率|重いが面白い!圭吾の多分の後の言葉(セリフ)は?

井上真央さん主演の『明日の約束』、1話が放送されました。

久しぶりの井上さんの姿と演技が見れて満足なのは私だけじゃないはず。

仲間由紀恵さんの毒親っぷりも意外な役ですがリアルすぎて怖かったです…。

皆さんはどんな感想を抱きましたか?

視聴率と共にお届けします。

Sponsored Link

明日の約束1話の感想

井上真央演じる藍沢日向(あいざわひなた)先生は椿が丘高校のスクールカウンセラーです。


Ray(レイ)
井上さん、お変わりなく可愛いですね


吉岡圭吾(遠藤健慎さん)は椿が丘高校に通う、1年B組の不登校の生徒です。
どうやら仲間由紀恵さん演じる吉岡真紀子(圭吾の母親)が日向先生の最大の敵のよう。

しかし、問題を抱えている生徒は吉岡圭吾だけではなさそうです。

2年生のバスケ部マネージャー・増田希美香(山口まゆ)もその一人。

希美香も毒母のために苦労を強いられているようです。

自分の誕生日を忘れられ、彼氏とデートしている母親のことを邪魔してやろうと思い万引きします。

日向先生とこの事件をきっかけに仲良くなる希美香。

日向先生は希美香の家に訪問しようとした矢先、希美香から『お母さん、殺しちゃった…』と電話が入ります。

お母さんは幸い死にはしなかったようですが、この後、希美香はお母さんを捨てました。

『よく頑張った』
『偉い』

と称賛の嵐です。

そして圭吾が遂に命を絶ちます

★ネットでの感想と所感


井上真央さんだからこそ演じられる役だと思いましたし、この難しい役を演じきれる井上さんが改めて凄いと思いました。
八日目の蝉もそうですが、ちょっと重い内容のドラマや映画に出る井上さんの演技が好きです。

ドラマの登場人物で『ダメだなー』と思う人間は全員『人のせい』や『環境のせい』にしてますね。

圭吾が家出したとき、真っ先に学校を疑った真紀子ママが代表ですね。

ソロモンの偽証に似てる?圭吾の『多分…』の後のセリフは?

ソロモンの偽証も、ある生徒が謎の死を遂げたことにより、犯人捜しが行われる話です。

内容は全然違いますが、テーマ性が似ていると話題です。

圭吾が死んだ理由、そして犯人捜しを行う話です。

圭吾はなぜ

『日向先生のことが好き』『付き合って』『先生も僕のこと好きになって』

と言ったのでしょうか。

『明日が変わったとしても、多分…』

の後のセリフは何だったのでしょうか。

死ぬことでしか、状況を変えられないと思ったのでしょうか。

多分、の後は母親に関係する言葉でしょうか。

先輩に「先輩のせいで死にます」と送った意図も謎です。

謎はこれから解かれるのだと思います。

…続きが気になりますね。

Sponsored Link

明日の約束1話の視聴率

明日の約束、なかなか重たいお話でしたね。

色々と考えさせられるドラマです。

視聴率はどちらに転ぶでしょうか。

個人的にはこういう重いけど深い内容のドラマは多くの人に見られるべきだとは思うのですが…。

Ray(レイ)
10%台だと予想します!

軽ーい気持ちで見たい方にはあまり向かないドラマですが、私はなかなか面白いドラマだと思います。

視聴率は発表され次第更新しますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は明日の約束の1話感想と視聴率についてお届けしました。

親子関係について考えさせられるドラマです。

明日が来るのが怖いと言った圭吾の気持ちが、これから紐解かれることでしょう。

来週からも目が離せませんね!

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る