液晶画面の焼き付き改善する方法・・・画面焼けの原因からみた予防策

液晶画面が焼き付いた!とお困りですか?

私もパソコンの液晶モニターが残像のように焼き付いてしまい、困っていました。

そこで様々な方法で改善できないか試してみました。

その方法をご紹介すると共に、画面焼けの予防策もまとめてみました。

Sponsored Link

液晶画面の焼き付き原因

画面上部に白い線がうっすらとあるのがおわかりいただけますでしょうか。

   これは長時間インターネットをしていたことによる焼き付きです。

正確には焼き付きとは言わず、「結晶の分子構造の固定化」というものらしいのです。

ブラウン管やプラズマテレビに起こる画面焼け(焼き付き)とは

ブラウン管(CRT)ディスプレイを長時間点灯し続けることによって、ディスプレイの画像表示機能が損なわれること。特に管の裏側に塗布されている蛍光塗料が画面表示の際に発する強い電磁波を長時間受け、機能しなくなることを指す。出典:wikipedia

という風に表示機能の劣化によるもので、修理に出す以外では直らないものです。

ですが液晶ディスプレイ(LCD)では上記のような焼き付きは起こりません。「結晶の分子構造の固定化」というもので、残像が残るもののようです。

おそらく画像の白い線は残像です。ゴーストイメージとも言われます。よく見ると、ブラウザのタブの形に残像が残っています。

Sponsored Link

改善方法

可能ならば、長時間(長期間、日にち単位)電源を切り休ませる方法もありです。ですが、複数モニターを持っておらず不可能な場合は以下の方法があります。

色の変化の大きい画像を繰り返し表示させる

残像を解消するには、画面表示のクセを直す必要があります。

上の動画を全画面表示させて、小一時間放置します。動画自体は15分で終わってしまうので、連続再生させるか、手動で再生する必要があります。

上の動画を1時間再生してみましたが、あまり変化が無かったので、下の動画を再生してみました。

途中に広告がいくつかありますが、特に問題はないでしょう。

すると・・・


白い線が上へ膨張・・・;;

このような動画を長時間再生するも、大した変化はありませんでした。

白黒画像を連続再生

カラーがダメなら白黒で、ということでこれも数時間試しましたが目に見える変化は無く、とりあえず電源を切って休ませることにしました。

17時間後…


結局あまり変わっていませんでした。白く膨張した部分は広がるばかりです。

真っ白な画面をデスクトップに

もう一つ、画面やけの対処法に「真っ白な画面を表示し続ける」というものがあったので今試しています。

数日かかりそうなので、もしこれで直ったらすぐ更新しますね!

予防法

同じ画面を表示し続けることが一つの原因だそうなので、インターネットをする際は全画面で使用せず、ウィンドウのサイズを今は小さくして使用しています。

タブの形にクセが残ってしまっているので・・・;

同じ画面を長時間表示させないよう、

  • こまめに電源を切る
  • パワーセーブの使用

という方法を実践しましょう。

あと個人的に考えるのが「直射日光を当てない」です。

画面の向かって右側で画面が焼けているのですが、この右側には窓があります。

レース越しですが日光が当たるので、これも一つの原因ではないかと考えています。

モニターには日光を当てないようにしましょう。紫外線は物を劣化させます。高温で使用するのも家電製品にとってはよくありません。

当たり前のことじゃないか!と叱られそうですが、少々は気にしないで使っている方も多いかもしれないので、一応書きました。

ほぼ直りました!(後日)

白い画面で数時間使い、電源を18時間ほど切って休ませるとほぼ直りました!

 

以前のと比べると…


白い線が消えているのがわかります!


こちらも綺麗に消えました!以前はこうでした


タブの跡も消えて一安心です。

ところどころまだうっすら残っている部分もあるのですが、使い方に気をつければこれもじきに直りそうです。


いかがですか?

修理にはお金もかかるのでなるべく出したくありませんよね。

まだまだこれからも改善に力を注いでいきますので、更新を楽しみにしておいてください。

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る