明日の約束の音楽・挿入歌は眞鍋昭大!サントラの発売日はいつ?

井上真央さん主演の『明日の約束』。

シリアスなドラマで放送前から話題となっています。

そんなドラマを盛り上げる音楽・挿入歌は眞鍋昭大さんが担当されています。
この方はどんな方なのでしょうか。

そして、ドラマの音楽はアコースティックなギターやピアノで奏でられるメロディーがとても綺麗ですよね。

そんな『明日の約束』サントラ(サウンドトラック)の発売日はいつなのか、調査しました。

Sponsored Link

明日の約束の挿入歌・音楽は眞鍋昭大!

綺麗な自然が似合う音楽です。

ドラマが終わっても色んな番組で使用されそうな予感です。

個人的にはとても好きな雰囲気の音楽です。

この音楽を作曲されたのは眞鍋昭大さんです。

眞鍋さんは1988年4月12日生まれのまだ20代です!!(2017年10月現在)

わん
若いなぁ凄いなぁ

東京都町田市生まれで、なんとあの洗足学園音楽大学の音楽・音響デザインコースを首席で卒業されています!!

Ray(レイ)
天才だ

17才の頃より、作曲家・松尾祐孝氏(洗足学園音楽大学教授)に師事し、和声やフーガなどの基礎理論を学びます。

この時まだ高校生です…!

大学入学後は作曲家・渡辺俊幸氏(洗足学園音楽大学教授)にも師事し、ジャズ和声やオーケストレーション、劇判の作曲方法などを学ばれました。

これまでに

  • 『大貧乏』
  • 『架空OL日記』
  • 『わにとかげぎす』

などの最近のドラマ音楽や、上記以外でも共作ではありますが、数多くの映画音楽に携わって来られました。

なんと報道番組である『スッキリ!』の音楽を担当されたも眞鍋さんだそうですよ。

驚きですね!

一度聴いたら忘れられないようなキャッチーなメロディも作れるようです!

さすがプロです…

わん
まさに若者

今回のドラマ『明日の約束』では、しっかりと、きちっと基礎を学んだ眞鍋さんらしい『きっちりとした綺麗な音楽』を作られるのはないかな?と思いました。

ドラマもおふざけが似合わないドラマなので、眞鍋さんが担当して正解です。


しかしまぁ眞鍋さんがまだ20代であることに驚きです。

(いきなり年寄りじみたこと言いますがw)若者が活躍しているのを見るとこちらも嬉しくなります。

眞鍋さんはこれからもっと作曲家として成功するのではないでしょうか?

楽しみですね^^

Sponsored Link

明日の約束のサントラ発売日

こちらはまだ発表されていません。

おそらくドラマ放送から約2か月後に発売されると思いますので、12月頭までには発売されると予想します。

また正式に発売日が発表され次第更新しますね。

こちらは大貧乏のサウンドトラックです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はドラマ『明日の約束』の挿入歌や音楽についてお届けしました。

ドラマのBGMは常々思っていますし言っていますが、本当にドラマにとって大事なものです。
ドラマの雰囲気は出演者だけでなく、音楽も大きく影響を与えています。

明日の約束の音楽は素晴らしいですので、ドラマも(脚本さえ良ければ)素晴らしいものになること間違いなしでしょう^^

♪こちらもおすすめ♪

井上真央さん主演の『明日の約束』の主題歌は東方神起が担当することが発表されました! 東方神起と言えば、兵役義務のため約2年半活動を休止していましたが、2017年8月に活動を再開すると発表し話題となっていますね^^ 活動再会後初の新曲となる今回の楽曲の名は『Reboot』。 意味は再始動です。 活動再開する彼らにふさわしい今回の新曲は、一体どんな楽曲に仕上がっているのでしょうか? 発売日や歌詞、MV動画はもちろん、ドラマとの相性も気になるところ。 ということで、今回は東方神起の「Reboot」について深掘りしていきます!
Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る