DAOKOは口パク?歌が下手なのにMステで上手だった理由

DAOKO(ダヲコ)さんがMステに初登場しましたね!

ヒット曲の『打上花火』を披露し、かなり注目されました^^

しかし!そんなDAOKOさんに口パク疑惑が浮上しています…。
本当に口パクだったのでしょうか?

皆さんの見解含めてお届けします。

Sponsored Link

DAOKOは口パク?

9/1放送のミュージックステーションで初登場したDAOKOさん。

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌である『打上花火』を披露されました。

聞いた瞬間…

…あれ?これって口パクじゃない…?

これ、正直管理人Rayは一発で思いました^^;

まぁ皆さんも思われたようで…。

確かにMステでは堂々としていてかっこよかったですね^^
声なんか透明感たっぷりで、ひきこまれます。

しかし、『スッキリ!』の生放送を見た方や、サマソニなどライブで実際聞いた人は気づかれたのではないでしょうか…。

『こんなに歌、上手じゃなかった…』

いきなりスッキリより後の生放送で上手になるとはなかなか思えないので…^^;

サビ以外は本当に歌っていたのかな?とも一瞬思いました。

本当のことを一番わかっているのは本人なので、100%とは言い切れませんが、

今回のMステは80%以上の確率で口パクだと結論付けます。
(口パクじゃなかったらごめんなさい!)

Mステと言えば視聴率も人気もとても高い歌番組です。

そんな中生放送で歌うのですから、その緊張感は半端ありません。
正直私なんかには想像もつかないくらいです。
(途中アップになったときに手が震えていらっしゃいました。)

いろんなリスクを考えたとき、口パクで歌うことを決めたのかもしれませんね。

Sponsored Link

ちなみに

Ray(レイ)
米津さんも一緒に出て欲しかった

まぁ、声も一緒に流れていたし、ちゃんとクレジットに「作詞・作曲 米津玄師」と書かれていたので良しとしましょう…。

(ただ、もっと触れて欲しかった…!)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
DAOKOさんの口パク疑惑に迫ってみましたが、そもそもDAOKOさんはラップなどリズム系の楽曲を歌われる方なので、今回の『打上花火』のようにメロディアスな曲は苦手なのかもしれません^^;

まぁまだ二十歳なので、これからどんどん上達されるはずです♪

これからも応援していきましょう!

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る