杉本和隆医師(整形外科)の経歴や祖父は?苑田会人工関節センター病院の評判も

プロフェッショナル 仕事の流儀』に苑田会人工関節センター病院長の杉本和隆さんが出演されます。

杉本さんは整形外科医としてとても有名な人です。

なぜなら、人工関節手術において屈指の手術件数を誇る第一人者だからです。

ということで、今回は杉本和隆さんの経歴についてお届けします。

また、診察して欲しい方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

気になる苑田会人工関節センター病院の評判や口コミについてもまとめました。

Sponsored Link

杉本和隆医師(整形外科)の経歴

1969年1月31日生まれ、静岡県出身です。

1995年 日本大学医学部卒業

日本大学整形外科入局

2000年 -2006年 日本大学整形外科学教室助手

川口市立医療センター

駿河台日大病院整形外科

独立行政法人国立災害医療センター

2006年 苑田会人工関節 スポーツセンター長

杉本再生医療研究所 院長 就任

2010年 苑田会人工関節センター病院 院長 就任
2016年 首都大学東京 客員教授 就任

また、「BestDoctors in Japan 2014-2015」に選出されました。

BestDoctors in Japanとは、日本国内の医者が同じ専門または関連分野で活躍されている他の先生方について「先生ご自身またはご家族の治療を自分以外の誰に委ねるか」という観点から推薦・評価したうえで、選ばれた医者のことです。

お医者さまが選ぶお医者さま、ということですね!

かなりの技術と信頼があるという証拠ですね。

Sponsored Link

杉本和隆医師(整形外科)の祖父

医者家系で、おじいさん(新太郎さん)もなんと医者だったそう。

東大病院に勤めていた内科医だったそうです。

杉本さんは、『祖父は医師として尊敬する存在。』と語られています。

杉本さんが大学の卒業国家試験に受かったとき、愛用されていたコートを譲り渡したそう。

優しいおじいさまです;;

杉本さんは今でもそのコートを大切に愛用されているそうですよ。

そしてもう一つ。

その時におじいさんにかけられた言葉が今でも忘れられないそうです。

『壁医者になるな。ヤブ医者になれ。』

壁は向こう側を見通せない。
しかし藪なら少し見通せる。
そこから見えるわずかな光を探せ。

ということらしいのですが、杉本さんは言われたとき意味がわからなかったそう。
ですが今では、なぜおじいさんがそう言ったのかわかるそうです。

『治せない』と思うその心が壁を作っている。
藪の中でも治せないか、ともがけば光が見えるかもしれない。

ある一人の患者さんを診察したとき、そう感じたそうです。

苑田会人工関節センター病院の評判と口コミ

口コミサイトでの評判をまとめます。

  • とてもいつも混んでいるが、患者である私の目を見て真摯に話を聞いてくれる
  • 他の病院で良くならなかった膝が、ここへ来てちゃんと歩けるようになった
  • 杖を突かないと歩けなかった足が、歩けるようになった

などなど。

★も5つ中4つ以上がほとんどです。

むしろ悪い噂は一つも見当たりませんでした。

複数人の医師がここで勤務し、診察していますが、どの先生も『良い』『優しい』と評判です。

こちらからも口コミと評判を見ることができます。

facebookページ

診察(外来診療)については完全予約制なのでご注意くださいね。

詳しくは苑田会人工関節センター公式ホームページをご覧ください。

場所と住所はこちらです。

住所:東京都足立区保木間1丁目21 東京都足立区保木間1丁目21−10

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は整形外科医の杉本和隆さんの経歴や祖父、苑田人工関節センター病院の評判や口コミについてお届けしました。

ヒザに悩む人は数知れず。
しかしちゃんとした診察を受ければ、また元気に歩けるようになると知れたことだけでもとても希望が持てますね。

ぜひ一度、苑田人工関節センター病院の診察を受けてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る