大型連休中の旅行にペットを連れて行く・宿泊させる前に-3つの注意点

大型連休には家族や友人たちとお出かけする、という方も多いことと思います。

最近はペットと一緒に泊まれる宿泊施設も増えていることから、「今度の連休は愛犬も一緒に連れて行こう!」と考えている方も多いと思います。

初めて連れて行く場合は、楽しみでもありますが不安でもあることと思います。

今回はわんちゃんに焦点をしぼって、ペットを一緒に連れて行く・宿泊させる前の注意点についてまとめました。

Sponsored Link

出かける前に【3つの大事なこと】

愛犬と旅行するとなったとき、旅行中に気をつけることを気にしがちなのですが、事前に準備する、確認することが最も大切になってきます。

1.愛犬の年齢・健康状態

わんちゃんは健康ですか?年齢はいきすぎていませんか?若すぎませんか?

ここの確認を怠ると、後悔してもしきれない事態になります。旅行前に健康診断を受け、持病の有無を確認しておきましょう。

旅行は楽しいものでもありますが、ストレスにもなります。慣れない場所に行くことや長時間の移動は、わんちゃんにとってストレスになります。そのストレスが引き金になり持病が悪化したり、隠れていた病気が出てきたりすることは大いにあります。

特に子犬や老犬は抵抗力が弱く、体力も少ないため、ストレスに弱くなっています。旅行先で体調を崩し、取り返しのつかない事態になることだってあります。人間のようにすぐに救急車が来てくれるわけではありません。病院が近くにあるとも限らないし、ましてや連休中はやっていない動物病院はザラにあります。郊外、田舎は特にです。

もちろん、予防も大切です。狂犬病、混合ワクチンの接種は旅行の2週間前には済ませておきましょう。ノミ、ダニの予防、フィラリア症の予防も忘れずに。

行き先の動物病院の場所、電話番号、診察時間、定休日は必ず確認しておきましょう。

2.乗り物・移動に慣れているか

車に乗り慣れていますか?電車などの公共の乗り物には乗ったことはありますか?

わんちゃんも乗り物酔いになります。乗り慣れていないと尚更です。車には乗りたがらない、怖がる、落ち着かない、といった場合は車に慣れる必要があります。

まずはエンジンをかけないで車の中で落ち着くことから、そして近距離のお出かけ・・・とわんちゃんの体調をみながら徐々に慣らしていきましょう。そしてドッグランなどに行って遊ぶなど、着いた先では楽しいことをしましょう。嫌なイメージの動物病院にしか車で出かけたことがない、というわんちゃんは特に車に対してのイメージが悪く、車酔いをおこしたりストレスで体調を崩したりします。

長距離移動の際は休憩も必要です。粗相のないよう、高速道路でのパーキングエリアにドッグランが設置されているところもありますので、事前に調べておきましょう。

わんちゃん用の酔い止め薬もあるので、飲ませておくのも良いと思います。でもなるべくストレスにならない移動距離でのお出かけにしておきましょう。

電車などの公共の乗り物に乗せる際はキャリーケースは必須です。事前に車動揺、練習も必要です。不安で鳴き出す子もいるので、いきなりぶっつけ本番で乗せる、ということは避けましょう。

飛行機に乗せる際も、事前に利用する航空会社での注意事項を確認しておきましょう。シーズーなどの鼻の短い犬種は暑さに弱いため乗せられない場合もあります。

3.愛犬の気持ちになってみる

いつもお家でゆっくり安心して過ごしているわんちゃんにとって、いきなり知らない場所に連れて行かれるのはとても体にも心にも負担がかかります。

いきなり車に長時間乗せられたり、いきなり知らない場所で寝ろ、と言われたり、いきなり人ごみへ連れて行かれ歩かされたり・・・。もし言葉の通じない大きな人に自分がそうされたらどうですか?

トイレに行きたいこと、車に酔ったから休憩させて欲しいことも伝えられない、恐怖や不安で食欲も無けりゃ寝ることすら満足にできないかもしれません。わんちゃんも同じです。いくら信頼できる飼い主がそばにいるからといっても、ストレスは0にはなりません。

と考えると行き先を近くにしたり、なるべく人ごみを避け、自然の多いリラックスできる場所にしたり・・・と、愛犬にとって優しい、楽しい場所を選びませんか?飲み水、食べなれたフードやおやつを持って行くことはもちろん、移動中もわんちゃんに優しい行動がとれるはずです。

お互い楽しめるよう、旅行計画を立てていくことが大切です。

Sponsored Link

連れて行けない

やっぱり不安だし連れて行けない・・・となったときは、ペットホテルなどを利用してみるのも手です。

ペットホテルに愛犬を預けるのが不安な方へ-預ける、その後の注意点

連れて行こう!

愛犬が若くて健康な今が一緒に出かけるチャンス!家族みんなで思い出作りをしよう!

と決断したあなた。

素敵な旅行にするためにも気をつけることがあります。

こちらをどうぞ。

旅行にペットを一緒に連れて行く・宿泊する際の注意点・マナー


いかがですか?

安易に「大丈夫だろう」という軽い気持ち、推測だけで行動してしまうと、ペットとの信頼関係を失ってしまうことにもなりかねません。

運が悪いと永遠の別れとなってしまうかもしれません。

健康チェックをし、事前に練習や訓練をすると、一緒に出かけることもペットにとってみたら、とても嬉しいものになります。

その事前の訓練も楽しくすることで、旅行もきっと楽しいものになります。

素敵なお出かけになりますように!

あなたにおすすめの記事

ペットホテルに愛犬を預けるのが不安な方へ-預ける、その後の注意点

犬の認知症の症状と改善、対策、予防法、そして残りの寿命について

ペット業界にとって大きな影響を与えるであろう法律が可決

イベルメクチンとは?犬のあの病気にほぼ副作用なく効く特効薬だった!

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る