秋分の日のスピリチュアルな意味とは?過ごし方と春分の日との違いを紹介

2017年の秋分の日は9月23日です。二十四節気の一つです。
この時期は秋のお彼岸でもあり、お墓参りに行かれる方も多いですね。

でもなぜこの時期にお墓参りに行くのでしょうか?
それはやはり秋分の日にスピリチュアルな意味があるからなんです!

それに絡め、この時期ならではの運勢アップできる過ごし方が4つありますのでご紹介します。

ちょうどシルバーウィークの時期ですので、ぜひ実践してみてくださいね。

そして名前も意味もよく似ている春分の日とはどう違う日なのかも紹介します。

Sponsored Link

秋分の日とは

スピリチュアル的な意味で言うと、秋分の日は主に2つの意味があります。こちらでも少し触れています→【春分の日】運勢アップできる過ごし方4つ【スピリチュアル】

1つめは、

太陽のエネルギーが高まる日

です。(夏至や春分の日、冬至などもそうです。)

天の赤道と太陽の通り道である黄道が交わる「太陽黄経180度(秋分点)」を、太陽が通過した日を秋分の日といいます。

この日は昼夜の長さもほぼ同じになり、陰と陽のエネルギーが均等になる日です。

太陽は真東から昇り、真西に沈みます。このことから、西に位置すると言われる極楽浄土(彼岸)と東に位置すると言われるこの世(此岸)が通じやすいとされます。

なので、この日を中日とした1週間をお彼岸とし、先祖供養をするようになりました。(春分の日もそうですね。)

2つめは、

収穫の時期

とされる日でもあります。

今年に入り今まで頑張ってきたことはありますか?

特に春分の日で立てた目標が達成されやすい時期でもあります。

まだまだ途中だよ!という方もいらっしゃるかもしれませんが、(スピリチュアル的夏至の過ごし方とは―残り半年の運命を変えたい人へで触れたように)自分を見直しつつ、目標に向かって一歩進んだと実感できる時期でもあります。

いや、全く・・・という方は(春分の日の意味を知らず)目標を立てていないか、実行されていない方ではないかな、と思います。

だからと言って落胆することはありません。

ちょうど季節の変り目であるこの時期は、運気の変り目でもあるのです。

冬至にむけてやっておくと良い過ごし方があります。

春分の日との違いは

春分の日がスタートの日であるのに対して、秋分の日は収穫の時期、成果を感じられるいわば一種のゴールの日です。

何かを始めようとするより、今この時期に現れた成果を受け入れ、さらにどうしていくべきか、ということを考える時期と言えます。

Sponsored Link

秋分の日の過ごし方

1.お墓参り

秋分の日は23日ですが、その日を中日とした前後3日を秋のお彼岸と呼びます。

この時期にはご先祖様に、日々お守りくださっていることへの感謝の気持ちを伝えましょう。

私たちが日々幸せに過ごすことがご先祖様への供養にもなります。

お墓の掃除をすることで、ご先祖様も喜び、運勢もアップするでしょう。

2.大掃除

季節の変わり目なのも相まって、色んな不要なものを捨てていくのに適した時期です。

夏の間に活躍したエアコンなど、綺麗に掃除しましょう。

キッチンまわりなど、寒くなる前のこの暖かい時期にすると、油汚れが落ちやすいのでおすすめです。

今まで暑くて掃除を怠っていた方は特に、今の時期がチャンスです。

IHに付いた焦げ付きの落とし方(取り方)、掃除方法!原因と防止策

年末の大掃除はコツを掴んで簡単、効率的、計画的に!お風呂編

3.運気を占ってもらう

運気の変わり目には運気の流れに敏感になり、勘が冴える占い師が多いことから、昔から運気を占ってもらうには良いタイミングだと言われています。(春分の日、夏至、冬至も同じ)

運気が停滞しているな、と感じている方など、あえてこの秋分の日を選んで占いに行ってみてはいかがでしょうか。

思わぬヒントが貰えるかもしれませんよ。

4.パワースポットを訪れる

最後におすすめなのがパワースポット巡りです。

秋分の日に太陽が真上を通る場所、そこに建てられた神社は、まさに太陽のパワースポットです。

  • 玉前神社(千葉県長生郡一宮町)
  • 寒川神社(神奈川県高座郡寒川町)
  • 富士浅間神社(静岡県駿東郡小山町)
  • 富士山(静岡県/山梨県)
  • 七面山(山梨県南巨摩郡身延町・早川町)
  • 竹生島(滋賀県長浜市早崎町)
  • 大山(鳥取県/岡山県)
  • 出雲大社(島根県出雲市)

がおすすめです。

これらの場所は、春分の日にお参りするとご利益アップや、太陽のパワー、エネルギーを存分に得ることができます。

今年の秋分の日の22日は飛び石連休となるので、有休を使って遠出してみても良いですね。

時間が無い、遠くてなかなか行けない、という方は、日頃お世話になっている自分の住む土地の氏神様や、自分が生まれた土地の産土神社に参拝することでも、とても良い影響が得られるでしょう。

まとめ

いかがですか?

一年も残り3ヵ月ほどとなってきたこの時期は、年の終わりに向けて身の回りの整理をするのに適した時期です。

ご先祖様にも思いを馳せながら、太陽のエネルギーをたくさん受け取ってくださいね。

2017年残りの3ヵ月も、きっといいものになりますよ。

あなたにおすすめの記事

2016年の冬至はいつ?冬至の食べ物といえば冬至かぼちゃ!?

2017年の中秋の名月はいつ?満月になるとは限らない話と楽しみ方

【スピリチュアル】運気が上がるお盆の過ごし方―お墓参りの大切さ

【土用の丑の日】体調面・精神面の不調を感じる時期―スピリチュアル

スピリチュアル的夏至の過ごし方とは―残り半年の運命を変えたい人へ

【スピリチュアル】梅雨は浄化と癒しのチャンス!?雨の日の過ごし方

【スピリチュアル】なぜ中央構造線上にパワースポットが?-熊本地震

Sponsored Link
Sponsored Link



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

トップへ戻る